MTB&トレイルランの複合イベントGTサポートの山中真選手がザスカーで出場 「アドベンチャーイン富士見」が8月18、19日に開催

  • 一覧

 バイクブランド「GT」(ジーティー)を輸入販売するライトウェイプロダクツジャパンが、8月18、19日に長野県の富士見パノラマリゾートで行われるイベント「アドベンチャーイン富士見」に協賛を行う。また同社のサポートライダー、山中真(やまなかしん)選手がGTの「Zaskar」(ザスカー)に乗って大会に参加する。

GTの「Zaskar Carbon Elite」に乗る山中真選手(ライトウェイプロダクツジャパン提供)

 アドベンチャーイン富士見は、マウンテンバイク(MTB)とトレイルランニングの複合イベント。自然があふれる富士見パノラマを舞台に、45km・24kmという長距離MTBレース、標高1000mを一気に駆け上がるトレイルランニングが、それぞれ開催される。

 MTBコースは“マシュン”こと松本俊選手、トレイルランニングコースは“ヤマケン”こと山本健一選手が、それぞれプロデュース。どちらも初心者から熟練選手まで存分に楽しめるコースレイアウトになっている。さらにMTBとトレイルランニングを組み合わせた成績で競う「キングオブ富士見」「クイーンオブ富士見」も開催。8月12日まで参加受付中だ。

 山中真選手は1978年生まれ。2009年には春・秋のSDA王滝にどちらも優勝し、2014年には春のSDA王滝でコースレコードを記録して優勝。日本を代表するMTBライダーとして、40歳を迎える本年もシーンを牽引する存在だ。

 GTザスカーは、クロスカントリー競技向けに開発されたハードテイルMTB。今回山中選手が利用する「Zaskar Carbon Elite」は、29er(29インチホイール)に最適化して開発され、GT伝統のトリプルトライアングルフレームに、最新のBOOST規格を採用。フレームにかかる各種負荷を解析することで、軽さと高剛性を両立したFOC(Force Optimized Carbon)フレームとなっている。

関連記事

この記事のタグ

GT 大会・イベント情報 長野県

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

ショップナビ

スペシャル

自転車協会バナー
CyclistポケットTシャツ

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載