バイクインプレッション2018トレックの次世代機2台をレビュー 新型「マドン」とR7000搭載で17万円台の「エモンダALR」

by 松尾修作 / Shusaku MATSUO
  • 一覧

 トレックの注目すべき2019年モデル2台のレビューをお届けする。前作の「マドン」が発売後、すぐに研究が始まったという6代目のマドンは、新型のIsoSpeed(アイソスピード)やディスクブレーキを搭載し、次世代のエアロロードバイクとして生まれ変わった。フレーム重量1kgを下回るアルミバイク「エモンダALR」もモデルチェンジして、さらにその完成度を高めた。価格帯は違えど、どちらもトレックの深いこだわりが反映されたバイクとなっている。

3年の研究期間を経てフルモデルチェンジした「マドン」 Photo: Shusaku MATSUO

 完全なエアロフォルムでデビューした前作のマドンは「これ以上、どう改良するのだろうか」と余計な心配をしたほどの高い走行性能を持っていた。今回モデルチェンジしたマドンは、前作が発売したその日からエンジニアが開発を進めて熟成。マイナーチェンジではなく、新作としてお披露目された。

より振動吸収性を高め、調整可能となった「IsoSpeed」 Photo: Shusaku MATSUO

 路面からの振動をいなし、ライダーの負担を軽減させるIsoSpeedは大きく改良され、L字型にトップチューブからシートポストへと埋め込まれた。効き具合もスライドバーで調整でき、好みの乗り心地を設定可能に。フレームサイズの大小に関わらず、全てのライダーが同じ性能を体感できる。

 ディスクブレーキモデルもラインナップに加わった。今年のツール・ド・フランスにおいて、UCIワールドチームのトレック・セガフレードは、TTを除く全てのステージでディスクブレーキを導入。コンペティティブなモデルはディスクブレーキが標準というラインナップにシフトしたといえる。しかし、まだまだリムブレーキを求める声が多いのも事実。マドンではリムブレーキモデルも改良された。フロントブレーキはベクターウィングが廃止され、フォークブレード後方へと移設。より整備性を向上させた。

ボントレガー製品と抜群の相性 Photo: Shusaku MATSUO
ディスクブレーキと扁平チューブを採用し、エアロ効果を生むリア周り Photo: Shusaku MATSUO

 今回試したのはディスクブレーキモデル。塗装は「プロジェクトワン アイコン」でペイントが施されており、一線を画すクオリティに仕上げられていた。IsoSpeedは最もソフトな設定で走り始めると、振動吸収性の進化をすぐに感じることができた。試したコースはアスファルトではない路面も多く、かなり荒れていたのだが、スタビリティを保ちつつうまく振動を除去しているのがわかる。続いてIsoSpeedをハードに設定すると、性格がガラリと変わる。振動はやや体へと伝わるが、芯が通りシャッキリとした印象に。アーレンキーで素早く変更できるのもポイントだ。個人的にはソフト設定が好みだった。

頭打ち感がないスピードの伸びが強み Photo: Kenichi YAMAMOTO

 好印象だったのがスピードの伸びで、今まで乗ってきたどのバイクよりも最高速時の頭打ち感がない。全力のスプリントを試みて「ここまでだろう」という速度域からさらにもう1段階上のレンジまでスピードが上がる。エアロ効果もあるのだろうが、剛性と安定感、高い速度域での振動吸収性といった全ての要素がぴったりとハマって実現した性能だと感じた。

IsoSpeedは調整でき、好みの乗り心地に設定が可能 Photo: Kenichi YAMAMOTO

 マッシブな外観だが、漕ぎ出しが軽いのも特徴だ。ディスクブレーキを搭載しているが、乗っていても重いと感じることはなかったので、上りのフィーリングも良い。“かかり”の早さを生かし、上りのアタック合戦でも消耗せずに戦えるだろう。ロープロファイルのリアホイールを装着すれば、国内ロードレースの全てに対応するのではないだろうか。速さを基準にバイクを選びたいサイクリストは欠かさずリストに入れるべき筆頭だ。

■マドンSLR 8 DISC
税抜価格:860,000円(完成車)、473,000円(フレームセット)
サイズ:50、52、54、56、58、60、62cm
コンポーネント:シマノ「デュラエース」(R9100)

まるでカーボンバイクなルックス

 スマートなルックスにモデルチェンジしたエモンダALR。ヘッドチューブの滑らかな凹凸や、トップチューブの形状変化は一見するとカーボンバイクと見間違うほどだ。試乗バイクのカラー「パープルフリップ」は深みのある紫にラメが含まれ、高級感が漂っていた。

フルモデルチェンジした「エモンダALR 5」 Photo: Shusaku MATSUO

 アッセンブルされたコンポーネントは今年発表されたばかりのシマノR7000「105」。完成車の価格は17万2000円となり、1kgを下回るフレームとの組み合わせは非常にコストパフォーマンスに優れている。

一見カーボンフレームかと見間違うほどスムーズな溶接 Photo: Shusaku MATSUO
新型のR7000「105」を採用し、税抜172,000円というコストパフォーマンス Photo: Shusaku MATSUO

 走行性能は前作に続き、上位のカーボンモデルとよく似ている。踏み出しの加速が非常に良く、上りでも軽快だ。ダンシング時のフロント周りが軽く、車体を振りやすいのも特徴。山岳系ロードレースや、何度も加速が必要とされるクリテリウムなど日本のレースシーンにもマッチするだろう。

軽やかなハンドリングは上位グレードから継承 Photo: Kenichi YAMAMOTO

 カーボンバイクにこだわらなければ、エモンダALRを候補から省く理由はない。特に初めてのロードバイクを購入しようとしている人におススメしたい。上位コンポーネントやホイールへ変更すればさらに走行性能が向上する。カスタマイズする余白が残っているのも、長く1台を楽しむポイントだ。

■エモンダALR 5
税抜価格:172,000円(完成車)、121,000円(フレームセット)
サイズ:47、50、52、54、56、58、60cm
コンポーネント:シマノ「105」(R7000)

松尾修作
松尾修作

サイクリスト編集部員。10代からスイスのUCIコンチネンタルチームに所属し、アジアや欧州のレースを転戦。帰国後はJプロツアーにも参戦し、現在は社会人チーム「Roppongi Express」で趣味のレースを楽しむ。JBCFのカテゴリーはE1。数多くのバイクやパーツを試してきた経験を生かし、インプレッション記事を主に担当している。

関連記事

この記事のタグ

トレック バイクインプレッション

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

ショップナビ

スペシャル

自転車協会バナー
新春初夢プレゼント2019

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載