新製品情報2018ジャイアントから2019年モデルのフルサストレイルバイク「TRANCE 29」シリーズが発表

  • 一覧

 台湾のバイクブランド「GIANT」(ジャイアント)は2019年モデルの「TRANCE 29」(トランス29)シリーズを発表した。里山ライドからエンデューロレースまでこなせるオールラウンドトレイルバイクとしての位置づけ。29erに特化した最新のジオメトリーとジャイアントが培ってきたサスペンションバイクの技術として最新のマエストロシステムを搭載する。日本国内でのラインナップや価格は、8月末に発表予定だ。

発表された「TRANCE ADVANCED PRO 29」 ©GIANT

 トランスシリーズは、ADVANCEDカーボンコンポジットとALUXX-SLアルミの2シリーズで展開する。どちらもフロント130mm、リア115mmストロークをもち、トレイルでのコントロール性を高めた。新型フレームは435mmのチェーンステイを採用して、上りとタイトなシングルトラックでクイックな操作を可能にする。ジオメトリはテストライドを経て設定。トレイルでの反応性と安定性の両立を掲げ、ヘッド角は66.5°、シート角は74.5°、フォークオフセットは44mmに設定した。

TRANCE ADVANCED PRO 29 ©GIANT
TRANCE ADVANCED PRO 29 ©GIANT

 最新のマエストロサスペンションシステムにはトラニオンマウントが採用されており、ユニット稼動比を低減してペダリングとブレーキング効率を向上させる。リアサスペンションを稼動する上部ロッカーアームは、アルミ製よりも軽量で剛性が高いADVANCED FORGED COMPOSITE製となっている。ハブにはブースト規格を採用。パンクリスクを低減させるGIANTチューブレスシステムも標準で備える。

紹介ブランドのショップナビ店舗

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

ジャイアント トランス

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載