日本全国で活躍「Jumpers Store」結婚式でBMXが空を飛ぶ! "出張型ジャンプショー"で競技を広め、ビジネスにするライダーたち

by 腰山雅大 / Masahiro KOSHIYAMA
  • 一覧

 コンテストや街中など、その姿を見かけることが増えているエクストリームスポーツと呼ばれる競技。自転車でもBMXやMTBなどその裾野は確実に広がっている。既に世界レベルで活躍をするライダーを輩出しているこの日本だが、彼ら彼女の中にはこの競技を “ビジネス” として取り組んでいるライダーがいるのをご存知だろうか。日本全国を舞台に活躍する「Jumpers Store」(ジャンパーズ ストア)の仕事場を取材した。

親族が集まっての記念撮影も、Jumpers Storeと組み合わされればこんな衝撃の一枚に Photo: Masahiro KOSHIYAMA

活動費の捻出にも一役

 東京2020オリンピックでの種目初開催を控え、また一段と私たちの目に触れる機会の広がったBMXフリースタイルパーク競技。また、土やラダーで作られたセクションを下りながらビックトリックを披露するMTBスロープスタイルも、日本語解説でのネット中継で話題を呼んだ。これら新しい競技は技の難易度や完成度などで順位が争われ、次世代スポーツとして人気を博している。

 着地の衝撃やはげしいクラッシュなど常に危険と隣り合わせでスキルを磨く選手たちだが、過渡期のさなかにあって「プロ」として活動をする一部選手たちについて少し気になることがある。「活動費」について、だ。

今回の出演ライダーのナガイメンこと永井秀夫選手。結婚式での演目ということもあり、フォーマルな格好でジャンプに挑む Photo: May Nagoya

 例えば、オリンピックへの出場資格を得るためには、各国で開催されるワールドカップへ参戦する必要がある(日本は開催国枠として男女1人ずつの参加が既に約束されているが、男女2枠ずつ確保するためにはワールドカップで国別ランキングでトップになる必要がある)。またMTBスロープスタイル自体も海外でのコンテストが中心で、国内での開催はまだまだ多くないのも事実。つまり一流の選手として活躍するには、海外へ渡航して挑戦をすることが必須となっている。

 渦中にあって、彼らはどのようにして活動資金を得て遠征などを行なっているのだろうか。筆者も国内でBMXライダーとしてメーカーからサポートを受けていた経緯があり、従来の方法では高額な渡航費を捻出することは現実的に難しいと感じる。そんな中、ライダーたちが持つスキルや情熱を生かしたカタチとして今注目されているのが”出張型ジャンプショー” である。

列席者のほとんどが自転車のショーを初めて目にしたという。「自転車ってこんな風に乗るんだ…」なんて声も伺えた Photo: Masahiro KOSHIYAMA

初めて見る観客を魅了

 普段、コンテストで上位を狙うために切磋琢磨する彼ら彼女らだが、そのトリックはライダー同士のみならず競技を初めて見る者をも強く魅了する。華麗に空中を舞うライダーに、惜しみない歓声を送るオーディエンス。数あるショーの中でも、国内トップライダーたちが所属し各地で活発に興行を催す「Jumpers Store」を今回は取材した。

 「Jumpers Store」は2014年よりライダーである永井秀夫氏と林正典氏が考案し活動する団体だ。永井氏はダウンヒルライダーとして活躍したのち、ダートジャンプの選手として活動。2014年よりJumpers Storeを立ち上げ、日本各地でジャンプショーに主演中。ピックアップトラックにジャンプ台を積み込み、各地で出張型のジャンプショーを開催している。ショーのオーダーは一般企業や地方自治体、またはイベントのオーガーナイザーからが主だ。ここ一年でもRedBullのエアレースや、オリンピックの1000日前イベント、バスケットボールBリーグハーフタイムショーでも華やかなトリックを披露した。

 山梨の美しい森で開催された”バイクロア” でのショーも記憶に新しい。出演するライダーも幅が広がり、BMXワールドカップへも常時参加するトップライダーたちが本気のトリックを繰り出している。長年この競技を間近で見てきて面白く感じるのは、このJumpers Storeに出演するライダー皆「手抜きをしない」という点である。言ってしまえば、自転車のショーはエアの高さや身体の動きだけでも充分に会場を盛り上げることができてしまう。

 しかしバックフリップの複合トリックや、360(自転車とライダーが後方回転するバックフリップ、360は真横に360°回転するトリック)と捻り技など、難易度で言えばいずれも海外で通用するほどのトリックがバンバン飛び出す。というのも、昨今の競技基準的にワンミスが大きく減点される方向にあり、ミスをしないルーティンが不可欠となっている。当然ライダーたちは持ち得る技の精度を上げる努力が必要となり、結果としてここ一番のコンテストのみならず、頻繁に行われるショーでも大技を披露するに至っている。

目の前は芦屋川、緑に囲まれた式場でライダーが宙を舞う Photo: Masahiro KOSHIYAMA

 そういった事情がありショーを初めて見る方にも、または目の肥えた方にも、多くの観客を魅了するショーが成り立っている。ライダーたちが直前に集中力を高める仕草もコンテストさながら、臨場感にあふれている。さて、大まかにショーの形態がご理解いただけたと思うが、実は今、このトリックショーを「個人」で発注するケースも増えているという。実際にショーが行われるという現地へ足を運んでみることにした。

 場所は高級住宅街として名高い兵庫県芦屋市、臨海地区の閑静な地域に佇むレストランだ。初夏を感じさせる日差しの下、会場へ集まった方々は皆フォーマルなスーツやドレスに身を包んでいて、それがウェディングという晴れの舞台だということは間も無く理解することができた。式場の目の前には、スペース横幅いっぱいに巨大なスロープが鎮座していて、真正面から見ても式場との違和感を放っている。厳かな雰囲気で営まれた式を終え、披露宴は若々しいカップルを祝う暖かい雰囲気に包まれている。

両足を自転車側面に大きく離す「ノーフットキャンキャン」。今回のショー、新郎自身がライダーでもありダートジャンプを嗜むということから実現した Photo: May Nagoya

 祝い酒も進み徐々に会場のボルテージが上がったところで、皆司会から促されるまま会場外へと足を運ぶ。待ち受けていたのが、Jumper’s Store代表の林氏扮するフレーディーマーキュリーと、ライダーの永井氏だ。林氏にマイクが受け渡されてからは一気にボルテージが上がり、結婚式場で宙を舞う自転車とライダーに歓声が上がった。リズムよくトリックを繰り出し、会場を一気に盛り上げたショーライダー、永井氏は後の取材に対してこう答えた。

 「普段(このショーを)やっているときは、このスポーツを広めたいっていう想いだったり、ライダーの地位を引き上げたいという気持ちでやっています。ですが今回は違って、いかに楽しませられるかを主題に動いています。(観客がいつもと違うので)ショーのレベルもこちらだけが突出し過ぎないように注意しました。あくまでも主役は新郎新婦で、僕たちは彼らの温度感のバランスが丁度良いところを狙って行いました」。

あくまで主役は新郎新婦、そして列席者。会場を盛り上げることは決して忘れない  Photo: May Nagoya
Jumpers Storeの永井秀夫氏、林正典氏と、真ん中は佐藤奨さん。山梨県でダートジャンプフィールドを運営するYBPの中の人で、このショーのプロデュースを努めている。Photo: May Nagoya

「でも、飛んでいると会場の温度感は数テンポ遅れてしかわからないよね」と、一同の笑いを誘うのはMCを務める林氏だ。

 曰く「この競技がマイナースポーツだからこそ自ら多くの人に知ってもらえる場所に出ていかないとダメだなと思い、このショーを作り上げてきました。以前行ったバスケットボールでのハーフタイムショーでも、そういったことを意識しました。今回のショーも、ユーザーの楽しみ方ありきとしてサービスとして作り上げられたらという思いでした。観戦することが好きな人のためのビジネスとして、見る側の常識を踏まえてどのようにコンテンツを完成させるのかが重要です。例えば、式場の人に(危険に思われるこの競技を)安心してもらえるとか、ちゃんと許可を貰うための動きも僕たちがやります」

数回のジャンプを終えて会場のボルテージはMAX。ショーを初めて見る方々も既に慣れた感じでハイファイブに応じた Photo: May Nagoya
ショーをマイクパフォーマンスで盛り上げる林正典氏。普段はフレーディーマーキュリーさながらの格好だが、今日は同じくフォーマルな仕様で現場を務めた。Photo: May Nagoya

 ”ブライダルと自転車” は単なる「余興」の組み合わせではなく、ひとつの「演出コンテンツと」して既に成立している。というのも、危険が伴うイメージのジャンプショーだけに、会場への許可申請や商談、当日スタッフへのケアなどが欠かせない。それらはJumper’s Storeが一手に引き受け事前にやりとりを行う。出演ライダーの衣装にスーツが用意されていたり、専属のカメラマンによる記念撮影は、高さの出るこの競技に慣れているからこそ成せる技。

親族が集まっての記念撮影も、Jumpers Storeと組み合わされればこんな衝撃の一枚に Photo: May Nagoya

 今回は自転車のホイールにちなんで、2つのリングが宙を舞う“Two Rings Celebration”という縁起の良いコンセプトまで用意されていた。ショーも終盤、集合写真ももちろんジャンプ台から宙を舞うライダーを囲んで。記念撮影には撮り直しがつきものだが、都度ショーライダーの永井氏はせっせとスタンバイをして華やかなジャンプを披露する。後日、新郎新婦へ贈呈された記念写真には、列席された方々の驚きと喜びの表情が色濃く残されていた。

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

BMXフリースタイル・パーク

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載