新製品情報2018コラテックが2019年モデル展示会 ロード新色やディスク搭載クロスバイクなど披露

by 大澤昌弘 / Masahiro OSAWA
  • 一覧

 ドイツのバイクブランド「CORRATEC」(コラテック)の展示会が7月31日、東京都・港区の青山CIプラザで開催され、ロードバイクの2019年モデルとして、「R.T.CARBON」(アールティーカーボン)、「DOLOMITI」(ドロミテ)シリーズの新色、ディスクブレーキ搭載のクロスバイク「SHAPE URBAN DISC」(シェイプアーバンディスク)などが披露された。すでにリリース済みのe-MTBなども合わせて、注目のモデルを紹介する。

アールティーカーボン新色のホワイト/ブルー Photo: Masahiro OSAWA

新色を取り入れたアールティーカーボン

 アールティーカーボンは、ロングライドでの使用を想定したロードバイク。フロントフォークにわずかなセットバックを取り入れたり、最適なカーボン素材の選択を行ったりしたことで乗り心地の向上を図っている。空力面にも配慮し、ダウンチューブ、トップチューブ、シートチューブにはカムテール形状のチューブが使われているのも印象的。また、チェーンステーにはコラテックの特徴となるLPCテクノロジーも採用。チェーンのバタツキによるフレームへのダメージを防止する形状・機構となっている。

 2019年モデルでは、新色のホワイト/ブルーを追加し、従来のマットブラック/ゴールドと合わせ、全2色の展開となった。

ダウンチューブはカムテール形状でエアロ性能向上に寄与 Photo: Masahiro OSAWA
トップチューブに描かれたババリアライオンはコラテックのシンボルマークともなっている Photo: Masahiro OSAWA

 アールティーカーボンは、セミオーダーシステム「Japan Assembly」(ジャパン アッセンブリー)にも対応する。これは、国内販売するグローブライドがコラテックのフレームを輸入し、顧客のオーダーに応じたパーツを国内の工場で組み上げるシステムのこと。コンポーネントやギヤ比、ハンドル幅などをある程度自由に選択することができるのが特徴だ。

■アールティーカーボン
税抜価格:658,000円(DURA ACE Di2、FULCRUM RACING 3)、498,000円(DURA ACE Di2、FULCRUM RACING 3)、398,000円(ULTEGRA Di2、RS100)、288,000円(ULTEGRA、RS100)、238,000円(105、RS100)
サイズ:42(105仕様のみ)、46、48、51
カラー:ホワイト/ブルー、マットブラック/ゴールド

マイナーチェンジが行われた「ドロミテ」

 アルミロードバイク「ドロミテ」の2019年モデルとして全5色が登場した。新色となるのは、シルバー/レッド、ブルー/ネイビー、ホワイト/レッド、マットブラック/ブルー、マットブラック/レッドの組み合わせ。また、ダウンチューブの製造法を従来のダブルバテッドからトリプルバテッドとし、進化させた。

ドロミテ新色のシルバー/レッド Photo: Masahiro OSAWA
アルミフレームだが継ぎ目は非常に美しく溶接痕が目立たない。フロントフォークはアールティーカーボン同様にセットバック式を採用している Photo: Masahiro OSAWA
LPCテクノロジーで悪走路でのチェーンのばたつきに対処 Photo: Masahiro OSAWA

 フレームにはコラテックの技術が随所に用いられている。トップチューブの形状を扁平状にし、わずかにしなりやすい構造にしたことで、振動吸収性と乗車時の快適性の向上を狙った。チェーンステーにはLPCテクノロジーを採用する。フロントフォークには、UDカーボン800Tを使用しており、フレームはアルミながらも、乗り心地のよさにも配慮した一台と言えそうだ。セミオーダーシステムのジャパン アッセンブリーにも対応する。

■ドロミテ
税抜価格:198,000円(ULTEGRA、RS100)、158,000円(105、RS100)、138,000円(TIAGRA COMPACT、R501)、125,000円(SORA COMPACT、R501)
サイズ:42(TIAGRA、105仕様のみ)、46、48、51、54
カラー:シルバー/レッド、ブルー/ネイビー、ホワイト/レッド、マットブラック/ブルー、マットブラック/レッド

クロスバイクにディスクブレーキ対応モデル

 コラテックのクロスバイク「SHAPE」(シェイプ)シリーズに、メカニカルディスクブレーキを搭載したのがシェイプアーバンディスクだ。

WTBのシックスリックを装着したシェイプアーバン Photo: Masahiro OSAWA

 フォーク、フレームともにアルミを使っており、乗車時の快適性を上げるために、シートステーは扁平状に加工している。トップチューブは路面段差による衝撃を受け止めるために、わずかにチューブの角度を変えたバンデッドチューブを採用する。チェーンステーには、チェーンがばたついた際のフレームへのダメージを減らすLPCテクノロジーも用いられている。ハンドル部には、乗車時の快適性を上げるために、コンフォートグリップも採用されている。

シマノ メカニカルディスクブレーキを搭載 Photo: Masahiro OSAWA
正面から見るとバンデッドチューブと称されるトップチューブは角度が変わっていることがよくわかる Photo: Masahiro OSAWA

■シェイプ アーバン ディスク
税抜価格:70,000円
サイズ:39、44、48、52
カラー:マットネイビー/ホワイト、シルバー/レッド

e-MTBもお披露目

 2018年からの継続モデル、コラテックのe-MTB「X VERT」(エクスバート)も展示されていた。トリプルバテッドアルミフレームに、ボッシュのパワーユニットを搭載、マニトウのサスペンションを装備する。

WTBのシックスリックを装着するがブロックタイヤに履き替えることでオフロード走行に使えるという Photo: Masahiro OSAWA

 展示品はWTBのシックスリックを装着しており、街乗り仕様となっていたが、当然、ブロックタイヤを履かせることでオフロード用途としての使用も可能。実際、今年実施されたe-MTBのエキシビジョンレースに参戦した実績もある。

サドルやトップチューブにはババリアライオンが描かれる Photo: Masahiro OSAWA
ドライブユニットとドライブトレイン Photo: Masahiro OSAWA
搭載されているボッシュのドライブユニット Photo: Masahiro OSAWA
ボッシュのドライブユニット内部 Photo: Masahiro OSAWA

■エクスバート
税抜価格:398,000円
フォーク:MANITOU MACHETE COMP 100mm
リアディレーラー:SHIMANO DEORE XT 11S
パワーユニット:BOSCH Active Line Plus
ブレーキ:油圧ディスクブレーキ
サイズ:39、44
重量:20.2kg
カラー:マットブラック/イエロー

紹介ブランドのショップナビ店舗

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

2019年モデル コラテック

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載