バイクインプレッション2018脚自慢ライダー向けのハンドメイドイタリアン チポッリーニ「RB1K"THE ONE"」

by 松尾修作 / Shusaku MATSUO
  • 一覧

 イタリアのかつてのスター選手、マリオ・チポッリーニの理想を実現させたCIPOLLINI(チポッリーニ)。そのハイエンドバイクの「RB1K”THE ONE”」のレビューをお届けする。超高剛性な設計で、どんな大パワーでも受け止めるチャレンジングな1台だ。

マリオ・チポッリーニの理想を実現した「RB1K”THE ONE”」 Photo: Masami SATOU

剛性そのままに軽量化

 RB1K”THE ONE”は前作「RB1K」から剛性はそのままに軽量化を図ったモデル。フレーム重量は未塗装状態で950gに仕上がった。インテグラルシートポスト(ISP)から、クランプで調整可能なノーマル形状となり整備性を向上。装着できるタイヤ幅は28Cまでとなり、乗り心地を求めたセッティングが可能となった。

ヘッドチューブ長を調整可能なカバーが装着 Photo: Masami SATOU
エアロ効果高めるシートチューブ Photo: Masami SATOU
横に張り出したマッシブBBが特徴 Photo: Masami SATOU

 このバイクの最大の特徴はマッシブなそのスタイルにある。前後タイヤにぎりぎりまで沿ったフレームは整流効果を生み、フィン状になったシートステーへとつなげることでエアロ効果を高める。トラックバイクかと思う重量感ある各チューブは、マリオ・チポッリーニ本人が納得したに違いない剛性を実現させた。1”1/2と1”1/4の異径ベアリングを採用したフロントフォークはスプリント時のスタビリティを生み、コラムスペーサーが最低限で済むように高さが数種類用意されたエアロトップカバーが付属する。

 以前、「BOND」に試乗し、とにかく硬いという印象を持っていたチポッリーニ。「RB1K”THE ONE”」はさらにその上を行く剛性を誇るモデルということで身構えながらのスタートとなったが、走り出してみると硬さが演出する推進力の高さについペダルを踏みこみすぎてしまった。

ロードバイクでは最高峰の剛性で、どんな大パワーでも受け止める Photo: Masami SATOU

 剛性は本当に高く、例えるなら2000W以上のパワーでタイムを狙うトラックバイクを彷彿とさせるほど。全身の力を込めたスプリントでもフレームのしなりを感じることはなかった。たとえシッティング時の軽いペダリングでも、スーッと引っ張られるように進むロスのなさに驚いたほどだ。

スタビリティの高さは優れたコントロール性を生む Photo: Masami SATOU

 高出力を意識した車体設計はスタビリティの高さにもつながっていた。コーナーのターンイン時や、切り返しでも一枚岩のような車体はよじれることはない。取り回しに安心感を持て、自信を持ってコントロールができる。超高速の集団スプリントでも自らのポジションを確保し、力を出し切ることができるだろう。超軽量ではないが、1000gを切ったフレーム重量は上りで重荷になることはなかった。

 しなりが少ないフレームは、ライダーの脚に疲労が蓄積しやすいのは確かだ。RB1K”THE ONE”も例外ではなく、体力と、上手くフレームの反力を逃がすコツがないと100%乗りこなすのは難しい。しかし、チャレンジングなフレームだからこその楽しみもある。イタリアでハンドメイドされるという付加価値も、所有する魅力となるのではないだろうか。脚自慢のライダーは、ぜひチポッリーニが求めた性能に挑戦してみてほしい。

チポッリーニ「RB1K”THE ONE”」
税抜価格;640,000円(フレームセット)、720,000円(カラーオーダーフレームセット)
サイズ:XXS、XS、S、M、L、XL、XXL
フレーム重量:950g(未塗装状態)

松尾修作
松尾修作

サイクリスト編集部員。10代からスイスのUCIコンチネンタルチームに所属し、アジアや欧州のレースを転戦。帰国後はJプロツアーにも参戦し、現在は社会人チーム「Roppongi Express」で趣味のレースを楽しむ。JBCFのカテゴリーはE1。数多くのバイクやパーツを試してきた経験を生かし、インプレッション記事を主に担当している。

関連記事

この記事のタグ

50万円以上のロードバイク

50万円~ カーボン チポッリーニ バイクインプレッション ロードバイク

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

ショップナビ

スペシャル

自転車協会バナー
CyclistポケットTシャツ

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載