第30回の記念大会「ツール・ド・おきなわ2018」が11月10、11日に開催 エントリーは8月1日から

  • 一覧

 沖縄県北部地域“やんばる”を舞台にした「ツール・ド・おきなわ2018」が、今年は11月10日(土)、11日(日)の2日間で行われる。沖縄の美しい自然に触れるサイクリング部門から、“ホビーレーサーの甲子園”とも称される市民レース、さらに国内外からトップレーサーが集う国際レースまで、全24種目が行われる。8月1日の12時からエントリーが開始となった。

温暖で自然豊かな沖縄を疾走する自転車イベント「ツール・ド・おきなわ」が今年で第30回を迎える Photo: Naoi HIRASAWA

国内最長の210kmレースも

 平成元年から開かれているツール・ド・おきなわは今年で第30回の節目となる。県内の公道をダイナミックに走ることができ、サイクリングを通じて沖縄の海や山の自然を満喫できる大会として人気を博している。

国内外のトップレーサーが脚を競う国際レースも開催 Photo: Naoi HIRASAWA

 国内最長距離で争われる「男子チャンピオンレース210km」は国際自転車競技連合(UCI)公認で、国内外のプロ選手たちがアップダウンの連続する厳しいコースでしのぎを削る。今年は国内コンチネンタルチーム9チームに加え、過去最多の海外8チームが出場する予定だ。同じコースで争われる「市民レース210km」は、距離、レベルともに国内アマチュア最高峰のレース。名だたるホビーレーサーたちが鍛え上げた脚を競う。

豊富なカテゴリー分けの市民レース

「ツール・ド・おきなわ2018」のポスター © NPO Tour De Okinawa Association

 市民レースはこのほか140km、100km、50kmと距離別にクラスが設定され、100km、50kmではさらに年齢別にも分けられている。市民100kmは39歳以下と40歳以上の2つ、市民50kmでは39歳以下、40代、50代、60歳以上の4つの年齢別クラスとなっている。また市民レディースレースと、中学生レースが50kmで、小学生レースが10kmで行われる。

 「チャレンジレース50km」は、順位にこだわらず、疾走感と達成感を味わえるコース。順位と完走タイムの計測は行うものの、上位入賞者の表彰はせず、制限時間内での完走者には記録証が授与される。

 このほか、国際レースや市民レース210kmをコースサイド4カ所で観戦できる、「ロードレース観戦バスツアー」も用意される。

市民レースは豊富な距離・カテゴリーで開催 © NPO Tour De Okinawa Association
沖縄の味を楽しみながらサイクリング Photo: Shusaku MATSUO

サイクリングで沖縄を満喫

 大会はレースだけではない。2日かけて沖縄本島を一周する「沖縄本島一周サイクリング」をはじめ、「やんばるセンチュリーライド」や家族で参加できる「恩納村ファミリーサイクリング」、離島を楽しめる「伊是名島サイクリング」など、サイクリング部門も充実している。

メイン会場では自転車関連ブランドのブースも © NPO Tour De Okinawa Association
走った後の閉会式もお楽しみの一つ © NPO Tour De Okinawa Association

 大会の申し込みはスポーツエントリーで行えるほか、電話、FAX、名護市の大会事務局窓口、ファミリーマートの「Famiポート」でもエントリーが可能。申込開始日の8月1日は沖縄県南風原町の沖縄輪業南風原店でも、臨時窓口を開設しエントリーを受け付ける。市民レースの多くは開始日当日もしくは、数日で定員に達する見込みのため、早めの申込みが確実だ。

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

ツール・ド・おきなわ 大会・イベント情報

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

  • タイム
    アルプデュエズ01 ディスク

    ディスクブレーキで伝統の走りを進化

  • リブ
    AVAIL ADVANCED

    走る好奇心を止めない リブの新型‟無敵”ロードバイク

  • インプレッション一覧へ

    連載