2014年からの協業は新たなステージへビアンキがロットNL・ユンボとのスポンサー契約を複数年更新

  • 一覧

 イタリアのスポーツバイクブランド「Bianchi」(ビアンキ)が、UCIワールドチーム「Team LottoNL-JUNBO」(チーム ロットNL・ユンボ)との、複数年にわたるスポンサーシップ契約を締結したことを明らかにした。ビアンキと同チームは2014年から今年まで5年間パートナーシップを結んでおり、ビアンキはワールドツアーへの投資を強化することで、レースと製品開発両面での相互の成功を、さらに進めていく考えだ。

ビアンキがチーム ロットNL・ユンボとのパートナーシップを複数年延長 © Bianchi

ワールドツアーレースへさらに注力

 ビアンキはチームに現在、独自の振動除去機能「ビアンキ CV システム」を使用した4モデルを供給している。ビアンキのバイクを駆って、世界最高峰のレースであるツール・ド・フランスにおいては、ラルス・ボーム選手(2014年)、プリモシュ・ログリッチェ選手(2017年、2018年)、ディラン・フルーネウェーヘン選手(2017年、2018年)がステージ優勝を飾っている。さらに今年のツール・ド・フランスにおいては、ログリッチェ選手とステフェン・クライスヴァイク選手の2人のエースが、それぞれ総合4位、5位と大健闘を見せた。

チーム ロットNL・ユンボ 供給モデル

Oltre XR4 – 最高のエアロダイナミック性能とコントロール性を誇る究極のエアロロードマシン
Specialissima – グランツールライダーに向けた超軽量オールラウンドフレーム。究極のパワー伝達性コントロール性を誇るビアンキ渾身の1本
Aquila CV – カウンターヴェイルを搭載した究極のタイムトライアルマシン
Infinito CV – 安定感とパワー伝達性を兼ね備え、筋肉疲労を軽減するエンデュランスマシン

ビアンキのカーボンレースバイクは、独自の振動吸収システム「カウンターヴェイル」を搭載。今シーズンはプリモシュ・ログリッチェ選手が勝利を量産している © Bettini Photo Japan , 2018, April 29th

 このほかにもチームは今年、エンリーコ・バッタリーン選手がジロ・デ・イタリアでステージ優勝。さらにログリッチェ選手が、イツーリア・バスク・カントリー、ツール・ド・ロマンディ、スロベニアツアーで総合優勝を成し遂げている。

ボブ・イッポリート(ビアンキCEO)コメント

 “勝利のために、勝てる人材が必要だ”

 これこそが、チーム ロットNL・ユンボとの良好な関係を築けている理由です。

 私たちは近年革新とヒューマンパワーに焦点を当て、勝利を目標にチームを作り上げてきました。 世界トップクラスの組織と高性能のスタッフによるこのチームは、ここ数年で大幅に成長し、あらゆる分野において成功することができました。チーム ロットNL・ユンボのディラン・フルーネウェーヘン選手は世界最高のスプリンターの一人であり、プリモシュ・ログリッチェ選手は各ステージレースで強固なリーダーシップを証明しています。

 ビアンキの戦略的な製品開発の考え方はあらゆるレースにおいての勝利を目標にしており、カウンターヴェイルカーボン材料で設計されたビアンキ CVモデルのおかげで、最適なバイクを提供することに成功しています。

リチャード・プルーグ監督(チーム ロットNL・ユンボ マネージャー)コメント

 “革新という名の輝く未来”

 サポート関係にあったこの5年において、私たちはさらなる発展を遂げてきました。私たちは共に成長し、お互いチームとしてビアンキの革新的な進歩と共に、素晴らしい結果を選手たちと残してきました。選手やスタッフたちはさらなる発展のための手助けとなる情報を共有し、時に改善してきました。

 チーム ロットNL・ユンボは常にさらなる飛躍を望んでおり、ビアンキとも同じ考えのもと歩んでいます。これまでのところ、私たちは素晴らしいパートナーシップを結んでおり、とても明るい将来を見据えています。共に成功した協力関係を今後も拡大することができて大変うれしく思います。

プリモシュ・ログリッチェ選手(チーム ロットNL・ユンボ ライダー)コメント

 “ビアンキは私たちに最高の技術と素材を使用してくれる”

 選手として、私たちはビアンキの妥協のない姿勢を目にし、また 彼らは最高の技術と材料を使用しています。レースにおいて、完全無比にコントロールすることを求められますが、ビアンキのバイクでは可能であり、とても重要なことです。

 フレームに使われているカウンターヴェイルを使用したビアンキ CVシステムは、エネルギーを節約するのに役立ち、レースにおいて大きなアドバンテージとなります。

 また、ビアンキはイタリアの情熱と「チェレステ」のカラーを持つライフスタイルでもあります。私はこのチームの一員でいられることを誇りに思います。

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

Cyclist TV

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載