ツール・ド・フランス2018 第18ステージピレネー谷間のスプリントステージはデマールが快勝 総合勢は恵みの“移動ステージ”に

by 福光俊介 / Syunsuke FUKUMITSU
  • 一覧

 ツール・ド・フランス2018第18ステージは7月26日に行われ、スプリントによるステージ優勝争いをアルノー・デマール(フランス、グルパマ・エフデジ)が制して、今大会初勝利、ツール通算では2勝目となった。総合争いには大きな変動はなく、無事にレースを完了。ゲラント・トーマス(イギリス、チーム スカイ)が個人総合首位でマイヨジョーヌを守っている。

ツール・ド・フランス2018第18ステージ。ピレネー山脈での総合争いの合間で行われたスプリントステージはアルノー・デマールがステージ優勝 Photo: Yuzuru SUNADA

ツールおなじみのポーを目指す平坦ステージ

 ツール2018は残すところ4ステージ。第3週はピレネー山脈や南フランスが舞台。前日までの2ステージはピレネーの山をめぐり、マイヨジョーヌ争いは佳境を迎えている。

南フランスを進む1日。ひまわり畑を見ながら進むプロトン Photo: Yuzuru SUNADA

 日に日に注目が増す個人総合争いだが、ここでいったんブレイク。第18ステージは、束の間の平坦ステージとなる。

 トリ=シュル=バイズからポーまでの171kmは、スタート後北西を目指して進み、中間地点を過ぎると針路を南へと変化させる。フィニッシュ地のポーは、ツールではおなじみの街。幾度となくツールを招いているこの土地は、周辺地域も含めると22万人を超える人口を誇る。

 途中2カ所に4級山岳が控えるコース設定だが、よほどのことがない限りレース展開に影響するものとはならないだろう。ポーの市街地は、フィニッシュ手前1kmでの鋭角コーナーと、最終局面でのラウンドアバウトを含む2つのコーナーがポイント。

 大会が進むにつれ、有力スプリンターがリタイアで減ってはいるものの、ここまで生き残っているスピードスターが数少ないチャンスをモノにすべく高いモチベーションで臨むことだろう。エーススプリンターを擁するチームのアシスト陣も含め、久々の出番である。このステージを逃すと、彼らにとっての戦いの場は最終日のパリ・シャンゼリゼのみとなる。

 前日まで急峻な山々で限りなく限界に近いレベルで戦ってきた個人総合上位陣は、平穏な「移動ステージ」とできるだろうか。トラブルなく終えて、翌日からの勝負に備えたいところだ。

美しい湖を見ながらプロトンが進む Photo: Yuzuru SUNADA

負傷のサガンは笑顔でスタートラインへ

 前日と同じく、出走は146選手。前のステージでの下りで激しく落車したペテル・サガン(スロバキア、ボーラ・ハンスグローエ)も数カ所の傷を押してレースへ。スタートラインでは、マイヨジョーヌのトーマスと談笑するなど、明るい表情が見られた。

 2日前の第16ステージを終えた時点でポイント賞のマイヨヴェール獲得を数字の上では“確定”。同賞2位のアレクサンドル・クリストフ(ノルウェー、UAEチーム・エミレーツ)に282点差をつけ、あとは最終目的地のパリ・シャンゼリゼへ緑のジャージを運べば、そのミッションは達成される。

 現地時間午後1時55分にスタートが切られ、しばしのニュートラル走行ののちにアクチュアルスタート。ファーストアタックで5人が飛び出し、集団に対しリードを奪う。さらに、大人数がひと塊となって追走。集団からの出入りも激しく、25km地点を過ぎるまでは逃げる5人とメイン集団との差は15秒前後の状態が続いた。

逃げグループを形成した5選手 Photo: Yuzuru SUNADA

 結局、追走を試みた選手たちは全員逃げへのブリッジに失敗。スタート直後からの5人の先行でレースが進行することになった。この日の逃げグループは、ルーク・ダーブリッジ(オーストラリア、ミッチェルトン・スコット)マシュー・ヘイマン(オーストラリア、ミッチェルトン・スコット)、ニキ・テルプストラ(オランダ、クイックステップフロアーズ)、トマ・ブダ(フランス、ディレクトエネルジー)、ギヨーム・ヴァンケイスブルク(ベルギー、ワンティ・グループゴベール)。53.5km地点の4級山岳コート・ド・マディランはテルプストラが1位通過した。

 逃げとメイン集団との差は1分20秒前後で推移。タイム差が大きく広がることもなく、一気に縮まることもなく淡々とレースは進む。集団をコントロールするのは、UAEチーム・エミレーツやグルパマ・エフデジ。フィニッシュまで105kmを残しているところで、集団から3選手がアタックしたが、少しの先行ののち、メイン集団へと戻っている。

逃げグループを射程圏内をとらえながら進んだメイン集団 Photo: Yuzuru SUNADA

 ただ、アタックをきっかけにスピードが上がったことが関係してか、メイン集団内で数選手が絡むクラッシュが発生。前日ステージ優勝を挙げたナイロ・キンタナ(コロンビア、モビスター チーム)や、アダム・イェーツ(イギリス、ミッチェルトン・スコット)らが巻き込まれてしまう。大事には至らず、すぐにバイクに戻って再出発しているが、ジャージのダメージが激しかったキンタナは、新たなものに着替えてプロトンへと復帰している。

 73.5km地点に設定された中間スプリントポイントは、逃げグループからヴァンケイスブルクが1位で通過。その後、ヘイマンがパンクしてホイール交換を行ったが、労せず逃げグループへと戻っている。

 逃げの5人とメイン集団との差はほとんどほとんど変わることなく、残り距離だけが減っていく。タイム差を見れば、脚を残している選手が圧倒的に多いメイン集団が優位であることは一目瞭然。集団が追走に本腰を入れたのは、残り20kmを切ってからだった。

デマールがベストポジションからのスプリント

 残り20kmを切り、メイン集団がスピードアップを図ると、逃げていた5人との差はあっという間に小さくなっていった。残り18.5kmの4級山岳コート・ド・アノの上りでメイン集団前方に位置していた選手たちが一気にスピードを上げると、頂上通過とほぼ同じくして逃げのメンバーに追いつく。上りで中切れ気味になった集団だったが、下りで1つにまとまり、フィニッシュとなるポートの市街地を目指した。

グルパマ・エフデジがメイン集団を牽引する Photo: Yuzuru SUNADA

 スプリント勝負が濃厚となったプロトンは、残り10kmを切ってボーラ・ハンスグローエが主導権を握り始める。その後ろにはEFエデュケーションファースト・ドラパック、チーム スカイが位置を確保。マイヨジョーヌのトーマスの姿も見える。残り2kmではUAEチーム・エミレーツ、最後の1kmになってコフィディスやトレック・セガフレードの選手も前方へと上がってきた。

 だが、この日どこよりも連携が光ったのはグルパマ・エフデジだった。最終コーナーを抜けて先頭に立ったのは、ジャコポ・グアルニエーリ(イタリア、グルパマ・エフデジ)。これによってベストポジションを確保したデマールは、“セオリー通り”残り200mからスプリントを開始。クリストフ・ラポルト(フランス、コフィディス ソリュシオンクレディ)が懸命に追いすがったが届かず。スプリント勝利でフランス勢今大会3勝目をもたらした。

 ラポルトは2位、アレクサンドル・クリストフ(ノルウェー、UAEチーム・エミレーツ)が3位。最終局面で集団内でのポジションを下げたサガンは8位だった。

ステージ優勝を決めたアルノー・デマールは渾身のガッツポーズ Photo: Yuzuru SUNADA

デマール「私のツールは大成功」

チームメートとステージ優勝の喜びを分かち合うアルノー・デマール Photo: Yuzuru SUNADA

 今大会はここまで第2、第13ステージでの3位が最高だったデマール。第2週以降、山岳ステージで序盤から遅れるなど、コンディションが心配されたが、その不安を払拭するスプリント。レース後に記者会見の席に着き「この勝利はボーナスだ。どんなに厳しい局面でも、ステージ優勝できることを信じ続けていた。前日の苦労(スタート早々にメイン集団から脱落)を見た人にとっては不思議かもしれないが、脚の調子はよかった」と、強い意志を持って走っていたことをアピール。そして、「チームや家族、妻、そして応援してくれたファンからのサポートに私は助けられた。ステージ優勝できる力があると信じていたし、(この勝利で)私のツールは大成功だ」と感謝と喜びを口にした。

 レース途中に集団でのクラッシュこそあったものの、全体的には平穏に終わったこのステージ。個人総合上位陣にとっては、恵みの「移動ステージ」となった。いずれも集団内でフィニッシュしている。マイヨジョーヌもトーマスが堅守。レース後、「ノーストレスだった」とコメント。翌日はピレネー山脈での戦いへと戻るが、「ライバルが多くの攻撃を繰り出すことは分かっている。ツールマレーとオービスクは攻撃的なレースになる。ステージを終えるためには、冷静沈着に、レース展開に合わせた走りが必要だ」と淡々と展望を語った。

危なげない走りでマイヨジョーヌを守ったゲラント・トーマス Photo: Yuzuru SUNADA

 個人総合は、トーマスから1分59秒差の2位にトム・デュムラン(オランダ、チーム サンウェブ)、2分31秒差の3位にクリストファー・フルーム(イギリス、チーム スカイ)が続いている。

 各賞は、マイヨヴェールはサガン、山岳賞のマイヨアポワはジュリアン・アラフィリップ(フランス、クイックステップフロアーズ)、新人賞のマイヨブランはピエール・ラトゥール(フランス、アージェードゥーゼール ラモンディアール)で変わっていない。このステージの敢闘賞にはダーブリッジが選出されている。

第19ステージは今大会最後の本格山岳

 翌27日に行われる第19ステージは、今大会最後の山岳ステージ。ルルドをスタートし、ラランスへとフィニッシュする200.5kmのコースは、超級山岳2つを含む6カ所のカテゴリー山岳を越える。レース序盤に4級山岳を2つクリアしたのち、頂上が78.5km地点にあたるコル・ド・アスパン(登坂距離12km、平均勾配6.5%)から有力選手間の駆け引きが始まる。

ツール・ド・フランス2018第19ステージ コースプロフィール ©︎A.S.O.

 続く超級トゥールマレー峠(登坂距離17.1km、平均勾配7.3%)は、標高2115km。今大会の最高標高地点となる。上りの後半が厳しく、10%前後の勾配を上っていくことになる。ここを上りきっても、まだレース中盤だ。

 そこから36kmにわたる下り、2級山岳コル・デ・ボルデール(登坂距離8.6km、平均勾配5.8%)を経て、最後に立ちはだかるのは超級山岳オービスク峠。今大会最後のカテゴリー山岳にふさわしい山といえそうだ。この区間自体は登坂距離16.6km、平均勾配4.9%だが、その前のコル・デ・ボルデールとの組み合わせで3段階の登坂と考えた方がよさそう。総合上位陣が、自らの可能性にかけて攻撃を繰り出すことになるだろう。頂上通過後のラランスのフィニッシュ地点へと向かう20kmのダウンヒルも見ものとなりそうだ。

 山頂フィニッシュではないものの、マイヨジョーヌ争いの大きな局面となることは間違いない。続く第20ステージが31kmの個人タイムトライアルだけに、それを前に優位に立っておきたい選手にとっては正念場となる。なお、このステージを終了した時点でマイヨアポワを受け取った選手が、今大会の山岳賞を実質確定させることになる。

第18ステージ結果
1 アルノー・デマール(フランス、グルパマ・エフデジ) 3時間46分50秒
2 クリストフ・ラポルト(フランス、コフィディス ソリュシオンクレディ) +0秒
3 アレクサンドル・クリストフ(ノルウェー、UAEチーム・エミレーツ)
4 エドヴァルド・ボアッソンハーゲン(ノルウェー、チーム ディメンションデータ)
5 ソニー・コルブレッリ(イタリア、バーレーン・メリダ)
6 マキシミリアーノ・リケーゼ(アルゼンチン、クイックステップフロアーズ)
7 ジョン・デゲンコルプ(ドイツ、トレック・セガフレード)
8 ペテル・サガン(スロバキア、ボーラ・ハンスグローエ)
9 テイラー・フィニー(アメリカ、EFエデュケーションファースト・ドラパック)
10 ティモティ・デュポン(ベルギー、ワンティ・グループゴベール)

個人総合(マイヨジョーヌ)
1 ゲラント・トーマス(イギリス、チーム スカイ) 74時間21分1秒
2 トム・デュムラン(オランダ、チーム サンウェブ) +1分59秒
3 クリストファー・フルーム(イギリス、チーム スカイ) +2分31秒
4 プリモシュ・ログリッチェ(スロベニア、ロットNL・ユンボ) +2分47秒
5 ナイロ・キンタナ(コロンビア、モビスター チーム) +3分30秒
6 ステフェン・クライスヴァイク(オランダ、ロットNL・ユンボ) +4分19秒
7 ミケル・ランダ(スペイン、モビスター チーム) +4分34秒
8 ロマン・バルデ(フランス、アージェードゥーゼール ラモンディアール) +5分13秒
9 ダニエル・マーティン(アイルランド、UAEチーム・エミレーツ) +6分33秒
10 ヤコブ・フルサング(デンマーク、アスタナ プロチーム) +9分31秒

ポイント賞(マイヨヴェール)
1 ペテル・サガン(スロバキア、ボーラ・ハンスグローエ) 467 pts
2 アレクサンドル・クリストフ(ノルウェー、UAEチーム・エミレーツ) 196 pts
3 アルノー・デマール(フランス、グルパマ・エフデジ) 183 pts

山岳賞(マイヨアポワ)
1 ジュリアン・アラフィリップ(フランス、クイックステップフロアーズ) 140 pts
2 ワレン・バルギル(フランス、フォルトゥネオ・サムシック) 73 pts
3 ゲラント・トーマス(イギリス、チーム スカイ) 54 pts

新人賞(マイヨブラン)
1 ピエール・ラトゥール(フランス、アージェードゥーゼール ラモンディアール) 74時間37分4秒
2 ギヨーム・マルタン(フランス、ワンティ・グループゴベール) +6分27秒
3 エガン・ベルナル(コロンビア、チーム スカイ) +8分31秒

チーム総合
1 モビスター チーム 223時間9分9秒
2 バーレーン・メリダ +24分20秒
3 チーム スカイ +56分13秒

関連記事

この記事のタグ

ツール・ド・フランス2018 ツール2018・レースレポート

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

ショップナビ

スペシャル

自転車協会バナー
新春初夢プレゼント2019

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載