グレーニットなどが今秋以降に登場ゲラント・トーマスも愛用 フィジーク「R1B インフィニート ニット」に新色

  • 一覧

 サイクルアクセサリーブランド「fi’zi:k」(フィジーク)のフラッグシップ・ロードシューズ「R1B INFINITO KNIT」(R1B インフィニート ニット)」の来季の新色の1つである「グレーニット」が、ツール・ド・フランスで現在マイヨ・ジョーヌを着用しているゲラント・トーマス(チームスカイ・イギリス)がいち早く着用し、名峰アルプ・デュエズなど2ステージで勝利を挙げていることで注目を集めている。

ゲラント・トーマスが使用している「R1B INFINITO KNIT」のグレーニットカラー ©fizi;k

2018ツールでステージ連勝を支える

 「R1B インフィニート」は、BOAクロージングシステムなどにより優れたフィット感が高く評価された「R1B」に、新たな構造とデザインを採用して今シーズン登場した最新モデル。R1Bから受け継いだ、幅広の足にも対応するアッパーデザイン「ボリュームコントロールフィット」に加え、ケーブルルーティングを見直し、つま先部分のフィッティングに「∞」を描く「インフィニートクローサーシステム」を新たに採用。アッパー締め上げのポイントをより最適化し、最上級のフィット感を生み出す。

ツール・ド・フランスでステージ連勝したゲラント・トーマス(チームスカイ・イギリス)が愛用する「R1B INFINITO KNIT」 ©fizi;k

 フィジークのニットレーシングシューズは、その素材によって得られる通気性や快適性だけでなく、剛性感やしっかりとしたフィット感を兼ね備え、最高のパフォーマンスを発揮するリアルレーシングシューズだ。ニット素材を採用したシューズが複数ブランドから発表されるなか、ツール・ド・フランス2018の実戦でライダーが着用しているのは現状フィジークのみとなっている。

「INIFINITO」という製品名を象徴する「∞」状のリール ©fizi;k
ダイヤルを回すと土踏まずからも足をホールドできる「ダイナミックアーチサポート」を採用 ©fizi;k
かかとに入ったフィジークのロゴ ©fizi;k

 発表当初、素材の伸びや従来の素材に対してパワーロスを懸念する声が寄せられていたが、「R1B INFINITO KNIT」は、レースに出ているサポートライダーから積極的に選ばれており、同ブランド担当者は「愛用者の1人であるゲラント・トーマスの走りによってそのパフォーマンスが証明された格好となった」としている。

 国内では今秋以降に展開予定。グレーニットを含め、複数カラーが登場する予定だという。

この記事のタグ

シューズ ツール・ド・フランス2018 フィジーク 新製品情報

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

サイクリストTV

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載