スタンプラリーや謎解きゲーム弱虫ペダルが淡路島のアニメパーク「ニジゲンノモリ」とコラボイベント 8月25日から開催

  • 一覧

 人気自転車アニメ『弱虫ペダル』が、兵庫・淡路島のアニメパーク「ニジゲンノモリ」とコラボレーションしたイベント「弱虫ペダル GLORY LINE 淡路島ステージ」を8月25日(土)~11月25日(日)まで開催する。弱虫ペダルの世界観を再現した様々な企画が用意される。

オリジナルストーリーでアニメ「弱虫ペダル」の世界を展開する ©pasonagroup

 「ニジゲンノモリ」は東京ドーム約28個分の敷地面積を誇る兵庫県立淡路島公園内にあるテーマパークだ。アニメやゲームなど、「二次元コンテンツ」の世界感を五感を使い、体を動かしながら体験できる施設となっている。映画クレヨンしんちゃん『嵐を呼ぶ アッパレ!戦国大合戦』をモチーフにしたアスレチックや、夕方日没以降には手塚治虫原作の『火の鳥』を題材にしたプロジェクションマッピングが行われるなど、朝と夜で異なるアトラクションが楽しめる。

「クレヨンしんちゃん」の映画をチーフにしたアスレチック ©pasonagroup
夜にはプロジェクションマッピングなどが行われる ©pasonagroup

オリジナルストーリーでアニメの世界観を再現

 「弱虫ペダル GLORY LINE 淡路島ステージ」では、主人公の小野田坂道が通う総北高校と、ライバル関係にある箱根学園のメンバーが次の大会に備えるため、淡路島で合宿を行うというオリジナルストーリーが設定されている。合宿中に2校の現役メンバーとOBが自転車イベント『ロングライド150』の見学や、島内を観光に訪れたという内容で、島内各地にアニメの世界観を再現したフォトスポットを展開する。

 参加者はこのストーリーに沿って淡路島の魅力を感じながら、島内の観光施設を巡る旅行体験型スタンプラリーや謎解きゲームなどを体験。スタンプラリーでは全施設のスタンプを集めればイベント限定グッズが手に入る特典が用意される。

 このほか、限定コラボメニューやオリジナルグッズの販売なども実施される予定だ。販売される商品はニジゲンノモリ公式ツイッターなどで随時アナウンス。現在、公式ツイッターでは、小さく可愛らしいデザインになったSD(スーパーデフォルメ)キャラの第2弾まで発表されている。

関連記事

この記事のタグ

兵庫県 弱虫ペダル

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

ショップナビ

スペシャル

自転車協会バナー
CyclistポケットTシャツ

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載