アイソスピードが大幅に進化トレックの新型「マドン」がお披露目 別府史之もフランスから駆けつけ性能をアピール

  • 一覧

 トレックのエアロロードバイク「マドン」がフルモデルチェンジを果たし7月22日、東京都千代田区のTRAVEL HUB MIXでトレック・ジャパンが実機をお披露目した。会場にはトレック・セガフレードに所属する別府史之がフランスから駆けつけ、進化したマドンの性能をアピールした。

新型「マドン」がお披露目。別府史之(トレック・セガフレード)も駆けつけた Photo: Shusaku MATSUO

6代目としてフルモデルチェンジ

 登場してから14年、軽量化やエアロダイナミクスの追求のため、最新テクノロジーを投入して進化してきたマドン。今回、フルモデルチェンジを果たし、6代目として新たに生まれ変わった。一見すると前作と大きく変わらない外観だが、性能は大きく進化したという。

会場には各サイズ、カラーの新型マドンが Photo: Shusaku MATSUO
トップチューブに備えられたL字型の新アイソスピード Photo: Shusaku MATSUO

 大きな違いはディスクブレーキモデルが加わったことが挙げられる。前後に160mmローターのディスクブレーキを配し、ブレーキング性能を向上。すでにトレック・セガフレードのチームではマドンのディスクブレーキモデルが使用されており、選手からの評価も上々だという。リムブレーキ用のモデルもラインナップされており、フロントフォーク裏にキャリパーが用いられ、エアロ効果が高められた。ベクターウィングは廃止されている。

トップチューブ内でしなりを生み、路面からの衝撃を緩和させる Photo: Shusaku MATSUO

 また、路面からの衝撃を吸収するシステム「アイソスピード」がトップチューブに組み込まれ、効き具合を調整できるようになった。前作ではシートチューブに組み込まれ、2層構造で作用していたアイソスピード。シートチューブの長さによって乗り心地が変わってしまっていたが、トップチューブへL字型で備えることで、たとえサイズが違っても同じ乗り心地を実現した。さらに、ダンパーを装備することで、路面からのショックを吸収した際に起こる力を逃がす機能を備え、コンフォート性能を向上させた。

前作に続き、インテグレートされたヘッドチューブ Photo: Shusaku MATSUO
加速度センサーを駆使し、アイソスピードの開発が進められた Photo: Shusaku MATSUO

 使用されているカーボン素材は全てOCLV700に統一。どのモデルを選択してもハイエンドモデルと変わらないフレーム性能となった。以前はH1、H2とジオメトリーに違いを設けていたが、今回はH1.5という中間のデザインに一本化。調整幅が増えたハンドルを使用し、より自由度を高めた。

新型マドンの全ラインナップでOCLV700カーボンが使用される Photo: Shusaku MATSUO
2ピース構造で、調整の幅を広げたハンドル Photo: Shusaku MATSUO
光や角度によって見え方が変わるマジョーラカラーを採用したプロジェクトワン「アイコン」 Photo: Shusaku MATSUO
プロジェクトワン「アイコン」では熟練のぺインターが塗装を担当しラグジュアリーな仕上がりに Photo: Shusaku MATSUO

 トレックのカラーオーダーシステム「プロジェクトワン」に、ICON(アイコン)というラグジュアリーなラインも追加された。光や角度によって見え方が変化するマジョーラカラーや、ゴールドチップがちりばめられたブラックゴールドなど、リッチな仕上がりになっている。全て熟練のぺインターが手作業で塗装するもので、ペイントのアップチャージは11万円となる。

別府「最後まで踏んでいける」

「チーム内でディスクブレーキはポジティブに捉えられている」と解説した別府史之(トレック・セガフレード) Photo: Shusaku MATSUO

 この日のために日本に帰国した別府は、紹介ビデオの中で「地球上でこれより速いバイクはないんじゃないか」と絶賛。別府は今年の5月から新型マドンを乗り始め、レースやトレーニングで使用しているという。特に進化したアイソスピードに対して言及。「自然なたわみ方で、路面を這うようにしてスピードを上げられる。疲労が溜まっていても最後まで踏んでいける」と評価した。

 また、ディスクブレーキモデルを使用している別府は「確かにディスクブレーキキャリパーは重量物で、フォークの先に存在を感じます。しかしマドンに関して、重さは全く気になるレベルではないし、メリットが上回ってますね。チーム内でディスクブレーキに対する意識もポジティブに変化しています」と語った。

「アイソスピードの進化が際立つ」と解説した別府史之(トレック・セガフレード) Photo: Shusaku MATSUO

関連記事

この記事のタグ

50万円以上のロードバイクトレック(TREK)のロードバイクトレック(TREK)のロードバイク|50万円以上

50万円~ カーボン カーボンバイク トレック ロードバイク

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

ショップナビ

スペシャル

自転車協会バナー
CyclistポケットTシャツ

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載