新製品情報2018キャノンデールが2019年モデルのオフロードバイク2車種を先行発売

  • 一覧

 アメリカのバイクブランド「cannondale」(キャノンデール)は、片側フォークLefty Oliver(レフティオリバー)を搭載したニューロードバイク「Slate Force1」(スレートフォース1)と、マウンテンバイク(MTB)の「Trail7」(トレイル7)のオフロード向けバイク2車種を、2019年モデルとして先行発売する。

2019年モデルの「Slate Force 1」 ©cannondale

 スレートはキャノンデールならではの遊び心をもった、オフロードでもオンロードでも突き進める、新カテゴリーバイク。スレートフォース1は、コンポとしてスラムフォースを装備。フロントの歯数は44Tのシングルでメカトラブルの減少と軽量化に貢献し、メンテナンス性を向上させた。フロントシングルでギヤの選択肢が狭くなった分、リヤにはワイドレシオな42-11Tの11速スプロケットを搭載。フロントが変速できないためリヤスプロケットで幅を持たせている。

 付属するレフティオリバーフォークは30mmのストロークを有し、路面からバイクに伝わる振動をいなす。さらにサスペンション機能のオンオフが切り替え可能な「ロックアウト機能」が付いており、路面状況に応じてサスペンションを有効にするか選択できる。

■Slate Force1
税抜価格:390,000円
カラー:LVA
サイズ:S、M、L、XL
重量:不明

マルチに活躍するトレイル7

トレイルからシティライドまで対応する「Trail 7」 ©cannondale
2019年モデルの新色ブラックパール ©cannondale

 ハードテイルMTBのトレイル7は、各サイズごとに合わせて最適なタイヤセレクトがなされており、L以上のフレームサイズでは29″、M以下のサイズでは27.5″タイヤを装備する。720mmのワイドなハンドルが操作性を向上させ、前のサスペンションとシートステーのSAVE(セーブ)マイクロサスペンションが不快な振動を吸収する。トレイルライドはもちろん、都心のコミューターバイクとして幅広いニーズに応える1台だ。

 2019年モデルは新たに新色のブラックパールが追加となった。

■Trail 7
税抜価格:70,000円
カラー:AGR、BLK
サイズ:XS、S、M(27.5″)、L、XL(29″)
重量:不明

紹介ブランドのショップナビ店舗

関連記事

この記事のタグ

キャノンデール(Cannondale)のロードバイク

キャノンデール マウンテンバイク ロードバイク

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

ショップナビ

スペシャル

自転車協会バナー
CyclistポケットTシャツ

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載