新製品情報2018キャノンデールから「CAAD12 105」など本格アルミロードの2019年モデルが先行発売

  • 一覧

 キャノンデールがアルミロードバイクの2019年先行モデル、「CAAD12(キャドトゥエルブ)105」と「CAAD Optimo Sora」(キャド オプティモ ソラ)を発売した。CAAD12 105は新型のシマノ105コンポーネント(R7000系)を搭載している。

キャノンデールの名作アルミロード「CAAD12」に新型シマノ105搭載の2019年モデルが登場。新色のDeep Purple © cannondale

新型105を搭載

 CAAD12は1100gを切る軽量アルミフレームで、キャノンデールならではの高い剛性と、不快な振動を吸収するSAVE(セーブ)マイクロサスペンションにより、路面を問わず高性能な走りを実現している。フレームは流行のワイドリムにも対応し、28Cのタイヤも楽々インストール可能だ。

 フレームは国内最多クラスの7サイズという幅広いサイズ展開で、ライダーは身長150cmから195cmまでジャストフィットのバイクを選択できる。カラーは人気のブラックとホワイトフレームに加え、独特のオーラを放つディープパープルが追加された。

CAAD12 105(Graphite) © cannondale
CAAD12 105(Cashmere) © cannondale

 搭載するシマノ105コンポーネントは、今年R7000系にフルモデルチェンジ。上位モデルの特徴を受け継いで進化した。レバー形状などがブラッシュアップされたほか、リアディレーラーが張り出しの少ないシャドータイプとなっている。

■CAAD12 105
税抜価格:190,000円
サイズ:44、48、51、54、56、58
カラー:Graphite、Deep Purple、Cashmere

本格派のエントリーモデル

 CAADオプティモは、CAAD12譲りのジオメトリーとスマートなルックスを持つエンドリーモデル。ニューモデルではフロントフォークのコラムが従来のアルミからフルカーボンとなり、乗り心地と軽量化を両立した。

CAAD Optimo Sora(Cashmere) © cannondale

 ヘッドチューブはエントリーモデルながら短く設定されていて、上達に合わせてステムの位置を下げられるようになっているなど、キャノンデールのハイパフォーマンスな走りを妥協なく実現している。タイヤは25Cまで対応、コンポーネントはリア9速のシマノ・ソラを搭載する。

CAAD Optimo Sora(Hot Yellow) © cannondale
CAAD Optimo Sora(Jet Black) © cannondale

■CAAD Optimo Sora
税抜価格:105,000円
サイズ:44、48、50、52、54、56、58
カラー:Cashmere、Hot Yellow、Jet Black

関連記事

この記事のタグ

10~15万円のロードバイク15~20万円のロードバイクキャノンデール(Cannondale)のロードバイク

10~15万円 15~20万円 キャノンデール ロードバイク 新製品情報

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

ショップナビ

スペシャル

自転車協会バナー
CyclistポケットTシャツ

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載