自転車協会スペシャルサイトクルマは滅多にパンクしないから、自転車は余裕と思っていたら…甘かった!

  • 一覧

 スポーツ用自転車の楽しみ方やサイクリングルート、メンテナンスのお役立ち情報など、自転車協会が運営するウェブサイト「教えて!自転車のスゴイ人」では、幅広いコンテンツを随時更新しています。

真夏のパンク修理は、暑さとの戦いでもあるのです Photo: Junji NAKAYAMA

 新連載コラム「メカトラ事件簿」がスタートしました。避けたいけど避けられないときもある、さまざまな機材トラブルへの対策や対処法を、初級者目線で探っていきます。第1回は最もポピュラーなメカトラブルである「パンク」をテーマに、「『クルマは滅多にパンクしないんだから自転車だって余裕でしょ』←その甘えが命取りに」をお届けします。暑い時期なので、パンク修理は少しでも涼しい日陰を使うといいですよ。

 自転車マナーコラム『道路を走るコツ』では、最新記事として「イベント参加時の注意点」を掲載。スポーツ用自転車に乗り慣れてくると、いろんなイベントに出たくなるものですが、無理は禁物です。ヒルクライムは下りに注意、などという一見矛盾するような話があったりしますが、これは本当に要注意なんです。

歴史街道を出雲大社へ

 全国のサイクリングコース紹介では、島根・出雲大社を訪ねる「縁結び街道サイクリングコース」を掲載。約88kmと距離は長めですが、峠などはなく平坦基調で、疲れたらサイクルトレインでショートカットも可能なので安心してチャレンジできます。日本海沿いの絶景を堪能したり、風情漂う街道を走ったり、神様の住む土地のサイクリングを存分に楽しみましょう。

 充実のQ&Aコーナーは、さまざまな分野の“自転車のスゴイ人”が回答した過去の質問にも注目です。ツール・ド・フランスが絶賛開催中ですが、ツールに7度出場している新城幸也選手が回答する「どうしたら本場ヨーロッパの自転車プロ選手になれますか?」や、全日本チャンピオンに過去2度輝いた経験をもつ田代恭崇さんが回答する「平日1時間の練習でヒルクライムが向上するトレーニングは?」など、サイクリストにとって興味深いQ&Aが並んでいます。

日本を代表するプロロードレーサーの新城幸也選手 Photo: Naoi HIRASAWA
平日1時間の練習でヒルクライムって強くなれるの? Photo: iStock.com/jacoblund

 このほかにも自転車関連の著名人のインタビュー、スポーツ用自転車の不調の原因を知ることができるメカトラブル辞典、スポーツ用自転車の魅力やメンテナンスの基本がわかる動画コーナーなど、バラエティーに富んだ記事を多数用意しています。

関連記事

この記事のタグ

自転車協会

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

ショップナビ

スペシャル

自転車協会バナー
新春初夢プレゼント2019

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載