サイクリスト

御神火ライド2018

新製品情報2018ジャイアントが「TCR」と「コンテンド」シリーズの2019年モデルを先行発売

  • 一覧

 台湾の総合自転車ブランド「GIANT」(ジャイアント)は、「TCR ADVANCED 2」(TCRアドバンスド2)と「TCR SLR」、「CONTEND」(コンテンド)シリーズ、計5車種の2019年モデルを先行発売する。新型105が搭載されたほか、タイヤクリアランスが広がるなど全モデルでブラッシュアップ。今月から順次販売店に展開する。

2019年モデルの「TCR アドバンスド 2」のブルー ©GIANT

新型105を搭載したミドルグレード

 TCRシリーズのミドルグレード「TCR アドバンスド 2」はミドルグレードのカーボンロードバイクだ。パーツを可能な限り自社製品で固めた車体は、カーボンバイクで新型105を搭載しながらも税抜20万円と驚異的なコストパフォーマンスを誇る。

ブラックカラーもラインナップ ©GIANT

 フロントは50×34のコンパクトドライブで、上り坂を楽に進めるよう配慮。マットブラックとブルーの2色で展開される。

■TCR ADVANCED2
税抜価格:200,000円
サイズ: 425(XS)、445(S)、470(M)、500(ML)mm
カラー:マットブラック、ブルー
重量:7.9kg(470mm)

カーボンバイクに匹敵する重量

 「TCR SLR 2」は、カーボンモデルのTCRの重量剛性比と振動吸収性を極薄のアルミチューブで再現した、超軽量アルミレーシングバイク。470mmサイズで8.0kgと、カーボンバイクに匹敵する軽さを持ち合わせている。上位モデルの「アドバンスド SL PRO」と同じ規格のフォークを搭載し、新型105を装備。隙の無いアルミモデルとなった。

超軽量アルミバイク「TCR SLR 2」 マットブラック ©GIANT
新型105を搭載している ©GIANT

■TCR SLR 2
税抜価格:185,000円
サイズ: 425(XS)、445(S)、470(M)、500(ML)mm
カラー:マットブラック、ホワイト
重量:8.0kg(470mm)

独自の油圧ディスクブレーキを採用した「コンテンドSL 1 DISC」

 ジャイアントのTCRとDEFYの後継機としてラインナップし、両モデルの合わせ持つコンテンドシリーズ。 「コンテンド SL」は上級軽量アルミ素材「アラックスSL」を使⽤して、⼒強いペダリングとアルミとは思えないほどの快適性を両⽴したフレームを採用する。2019年モデルから新たに28Cのタイヤに対応するクリアランスを確保した。

コンテンドシリーズ唯一のディスクブレーキモデル「コンテンド SL 1 DISC」 ©GIANT

 ディスクブレーキモデルの「コンテンドSL 1 DISC」は機械式のレバーで油圧式ディスクブレーキを操作できる独自のコンダクトシステムを採用している。タイヤは28Cのチューブレスレディタイヤを装備。組み合わされるP-R2ホイールもチューブレス対応で、標準仕様のままチューブレス化が可能となっている。

■CONTEND SL 1 DISC
税抜価格:170,000円
サイズ:410(XS)、445(S)、480(M)、515(ML)
カラー:マットグレイグリーン
重量:不明

普段使いからレースまで幅広く対応「コンテンド SL」

 コンテンドSLのリムブレーキモデル、「コンテンド SL 1」は標準的な太さである25Cのチューブレスレディタイヤを装備。コンポーネントはシマノ105を搭載し、普段使いからレースまで幅広く対応するバイクだ。

 フレームはそのままにコンポーネントがティアグラに変更された「コンテンド SL 2」もラインナップする。

28Cタイヤが装着可能になった「コンテンド SL 1」 ©GIANT
ホワイトカラーも展開する ©GINAT
25Cのチューブレスレディタイヤを装備した「コンテンド SL 2」 ©GIANT
シートポストは前後にしなり衝撃を吸収する ©GIANT

■CONTEND SL 1
税抜価格:150,000円
サイズ:410(XS)、445(S)、480(M)、515(ML)
カラー:ブラック、ホワイト
重量:9.0kg(445mm)

■CONTEND SL 2
税抜価格:130,000円
サイズ:410(XS)、445(S)、480(M)、515(ML)
カラー:マットブラック、イエロー
重量:9.2kg(445mm)

アップライドで快適なコンテンド

 「コンテンド」はアラックスグレードのフレームを採用するオールラウンドアルミロード。完成車で税抜10万円以下に抑えられている。ロングライドからヒルクライムまであらゆるシーンで対応するよう、前には50×34のコンパクトドライブ、リヤには11-34のワイドギアを採用した。アップライトなポジションで、体に負荷をかけすぎず快適に走行できる。コンテンドのフレームも28Cタイヤに対応可能となっている。

アップライドなポジションで快適に走行できる「コンテンド 1」 ©GIANT
本格装備ながら税抜10万円という驚異的な価格だ ©GIANT
「コンテンド 2」はサブブレーキレバーも搭載している ©GIANT

 ソラ仕様の「コンテンド 1」はブルーとマットチャコールの2色、クラリス仕様の「コンテンド 2」では、ブラック、シルバー、レッドの3色ラインナップする。コンテンド 2はフラットバー部分にサブブレーキバーを装備し、ロードバイク初心者でも扱いやすくなっている。

■CONTEND 1
税抜価格:98,000円
サイズ:430(XS)、465(S)、500(M)、535(ML)
カラー:ブルー、マットチャコール
重量:9.4kg(465mm)

■CONTEND 2
税抜価格:84,000円
サイズ:430(XS)、465(S)、500(M)、535(ML)
カラー:ブラック、シルバー、レッド
重量:9.9kg(465mm)

紹介ブランドのショップナビ店舗

関連記事

この記事のタグ

ジャイアント(GIANT)のロードバイク

~10万円 10万~20万円 アルミ カーボン ジャイアント ロードバイク

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

ショップナビ

スペシャル

自転車協会バナー
CyclistポケットTシャツ

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載