<映像で見る> ガールズグランプリ2012ガールズケイリン初代女王は19歳の小林莉子 加瀬加奈子は3着

  • 一覧

 7月に始まったガールズケイリンで初の頂上決戦「ガールズグランプリ」が12月28日、京王閣競輪場(東京都調布市)で開催され、ガールズ最年少の小林莉子(19)=東京=が初代女王に輝いた。

(映像提供:シクロチャンネル)

 
レースでは成績上位7名によって争われ、連戦連勝を重ね注目を集めていた加瀬加奈子(32)=新潟=を、追走していた小林がゴール直前で交わした。2着は荒牧聖未(22)=栃木。ライバルを蹴散らす「先行」で逃げ切りを狙った加瀬は3着、地元の中村由香里(31)=東京=は見せ場を作れず7着だった。

ガールズグランプリの初代女王に輝いた小林莉子(中央・白帽)ガールズグランプリの初代女王に輝いた小林莉子(中央・白帽)
ウイニングランでガッツポーズを決める小林莉子ウイニングランでガッツポーズを決める小林

 ソフトボールの選手だった小林は、高校3年の夏に自転車競技と出会って転向。将来を見据えた身体造りと、技術的な練習を両立させて頂点に立った。

 レース前、語りかける様に自転車に触っていた小林。「今日は頼むぞ、という気持ちを込めていた。自転車にも血を巡らせて走ろうと思って」。レースに練習に、共に走り続けて来た自転車は、いつしか体の一部と言える存在なっていた。

 

小林莉子の話

「ここだけをイメージしてやってきたので、うれしいです。デビュー戦で優勝した後、成績が良くなくて“これでいいのか”と悩んだ時期もありましたが、戻ってくることができて本当にうれしい。優勝できたのは自分だけの力ではなく、ファンの皆さんや支えてくれた人たちのおかげです」

グランプリを制して胴上げされる初代女王・小林莉子胴上げされる小林莉子
mihimaru・GTのhiroko(ヒロコ)から祝福される小林莉子(右)mihimaru・GTのhiroko(ヒロコ)から祝福される小林莉子
賞金ボードを掲げる小林莉子。最年少レーサーが大仕事をやってのけた賞金ボードを掲げる小林莉子

この記事のタグ

シクロチャンネル

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

サイクリストTV

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載

連載