バイクインプレッション2018ウィップ感にハマる 日本からイタリアへオーダー可能なビクシズ「プリマ」

  • 一覧

 伝統的な手法で金属フレームを手掛けるイタリアのBIXXIS(ビクシズ)。ドリアーノ・デローザ氏が手掛けるクロモリバイク「プリマ」のレビューをお届けする。

ドリアーノ・デローザがハンドメイドするクロモリバイク「プリマ」 Photo: Masami SATOU

 ビクシズは数々の名フレームを世に送り出してきたドリアーノ・デローザ氏が立ち上げたブランドで、全てのフレームがイタリアの工房で一台一台ハンドメイドされている。乗り手とのコミュニケーションを重要視しており、日本のショールーム「ラ・メッカ」では、イタリア語通訳を通じ、ビデオ通話でフレームのオーダーが可能。体の寸法や乗り方をじっくりとドリアーノ氏と打合せし、納得のバイクを作り上げることができる。

ビス止めで高級感が漂うヘッドバッジ Photo: Masami SATOU
チェーンステーはクリアランスぎりぎりまで絞り込まれるX-Staysが採用 Photo: Masami SATOU
チェーンステーには作り手のサインが入る Photo: Masami SATOU

 プリマに使用されたチューブは、パイプメーカーのコロンバス社がビクシズ専用に共有しているもの。以前、レビューしたチタンバイクの「パトス」と同様に、丁寧なウェルディングで組み上げられている。トラディショナルなスタイルだが、フロントフォークは十分な軽さと剛性を擁するカーボンフォークが採用され、古さを感じさせない仕様となった。

 特徴的なのはタイヤに向かって絞り込まれたチェーンステー。これはビクシズ独自の「X-Stays」チェーンステイシステムで、バイク走行時のパワー伝達性能の向上や、ペダリング時のエネルギーロスの減少の効果があるという。

イタリアの伝統の技が光る一台

 一言で表すなら“速く走らなくても楽しいバイク”だ。クロモリ独特のウィップ感はダンシングでも、シッティングでも気持ちがいい。カーボンバイクのように力をかけて進ませる類ではなく、体重を乗せるだけビョーンと前進する。その際のスピードは20~25km/hほどだろうか。高い速度域ではないが、周りの景色を眺めながら走るには最適だ。

ウィップを生かした走りが特徴 Photo: Masami SATOU

 しかし、フレームがただ柔らかいわけではなく、十分な剛性のカーボンフォークが走りを引き締め、クロモリにありがちな“ビビリ”を出さない。パトスとも共通だが、優れた直進安定性を実現したジオメトリーはライダーへさらに余裕を与えてくれる。

速く走らなくても楽しめる、至高の一台 Photo: Masami SATOU

 今回試乗したバイクは既存サイズのフレーム設計だったが、ビクシズの真骨頂はオーダーフレームだ。日本語でイタリアの工房へ直接オーダーできるブランドは他にはないだろう。クロモリ素材の奥深さと、職人が仕上げるイタリアの伝統の技を味わえる1台だ。いつかはオーダーしてみたい一台だ。

ビクシズ「プリマ」
税抜価格:368,000円(サイズフルカスタマイズは別途32,500円)
カラー:12色(スタンダード)

松尾修作
松尾修作

サイクリスト編集部員。10代からスイスのUCIコンチネンタルチームに所属し、アジアや欧州のレースを転戦。帰国後はJプロツアーにも参戦し、現在は社会人チーム「Roppongi Express」で趣味のレースを楽しむ。JBCFのカテゴリーはE1。数多くのバイクやパーツを試してきた経験を生かし、インプレッション記事を主に担当している。

紹介ブランドのショップナビ店舗

関連記事

この記事のタグ

30~50万円 クロモリ クロモリフレーム バイクインプレッション ビクシズ

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

ショップナビ

スペシャル

自転車協会バナー
CyclistポケットTシャツ

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載