鍾乳洞でコスプレ撮影会も「あぶくま洞ヒルクライム」が8月5日に初開催 TT+時差スタートの2ヒート制

  • 一覧
個人タイムトライアル形式の「あぶくま洞ヒルクライム」が8月5日に開催 ©ツール・ド・ふくしま実行委員会

 福島県田村市にあるあぶくま洞を舞台に8月5日、2ヒート制のヒルクライムレース「あぶくま洞ヒルクライム」が初開催される。レースは個人タイムトライアル(TT)の1st(ファースト)ステージと、時差スタートの2nd(セカンド)ステージの2ヒート制を用いており、1stステージの順位とタイム差に則り、2ndステージのスタート順とタイミングが決まる新しいイベントだ。

 1stステージは緩やかな勾配が続く3kmの個人TT。間をおかずに開催される2ndステージは全7.2kmのコースを走る。カテゴリーはアスリートカテゴリーのほか、年齢別に男女で分けられ、キッズやママチャリクラスも用意。ユニークな試みとしてコスプレクラスも設定されており、大会終了後に鍾乳洞内で撮影会も予定されている。

 2ndステージは1stステージのタイムが速かった順のスタートとなり、出走の時間差は1stステージのタイム差と同じものになる。カテゴリーごとに2ndステージのゴール順位により表彰が行われる。

 エントリー費は全カテゴリー5000円。参加賞としてあぶくま洞の入場券(1200円分)が振る舞われる。定員は250人となっており、エントリー締め切りは7月26日まで。

関連記事

この記事のタグ

Link TOHOKU ヒルクライム 大会・イベント情報 福島県

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

ショップナビ

スペシャル

自転車協会バナー
CyclistポケットTシャツ

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載