日大自転車部と両立でUCIレースに参戦チームUKYOに20歳の武山晃輔が新加入 昨年の学生個人ロード&インカレ2冠王者

  • 一覧
武山晃輔 Photo: Team UKYO

 元F1レーサーの片山右京氏が代表を務めるUCIコンチネンタルチーム、チームUKYOが7月1日より、新たに武山晃輔(20)が選手として加入したことを発表した。武山は現役の大学生で、日本大学の自転車競技部に所属。チームUKYOの活動は、自転車部での学生レースと両立しながら行うことになるという。

 武山は1997年11月22日生まれの、山梨県出身。身長165cm、体重58kgと決して大きくない体躯ながら、一昨年の岩手国体では、18歳という若さで国体成年ロードレースで優勝。その後も2017年は全日本学生選手権個人ロード優勝、全日本学校対抗選手権(インカレ)ロード優勝と、学生の2大タイトルをともに制している。

 大学の競技部には引き続き所属しながら、チームUKYOではUCI(国際自転車競技連合)の国際レースに出場し、経験を積んでいくことになる。

全日本選手権ロードレースU23を走る武山晃輔(中央) Photo: Ikki YONEYAMA

●片山右京代表のコメント

 昨年末から武山君のことは聞いていたので、今年のツール・ド・とちぎでの素晴らしい走りに注目していました。
武山君にはUCIレースの経験をゆっくり積んでもらって、将来強い選手に育って欲しいと願っています。まだ学生ですが、選手として新しいプロの仲間と多くのレースに出場して活躍して欲しいと思っています。

●武山晃輔のコメント

 シーズンの途中ではありますが、この度Team UKYOに登録させていただくことになりました。学生レースにはない、ハイレベルなレースを経験することになりますが、たくさん成長できるよう頑張っていきます。よろしくお願いします。

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

チームUKYO 移籍・引退

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載