バイクインプレッション2018ルック「785 HUEZ RS」 軽さを生かした加速が爽快なクライミングバイク

by 松尾修作 / Shusaku MATSUO
  • 一覧

 ビンディングペダルやフルカーボンフレームといった新たなテクノロジーをいち早く取り入れてきたLOOK(ルック)。「ラルプ・デュエズ」でのテストを経て開発されたクライミングバイク「785 HUEZ RS」を試した。

ルックのクライミングバイク「785 HUEZ RS」 Photo: Masami SATOU

高・低弾性の繊維をバランスよく配合

 かつての名作「585」を彷彿とさせるスタイルの785 HUEZ RS。オーソドックスに見える外観の裏側には最新技術と、積み重ねてきた豊富な知識が詰め込まれている。まず、使用しているカーボン繊維だが、ルックが定めるウルトラハイモジュラスカーボン(60t)を一部取り入れつつ、約50%は30tカーボンという比率を採用している。さらに12tや24tといった粘りのある繊維を駆使することで、軽量性と剛性、またウィップによる軽快なペダリングを実現した。“硬ければいい”という概念ではなく、落車時の破断や乗り心地を考慮した設計の表れだ。

軽量化のため、ぎりぎりまで短いリアブレーキケーブルラインを目指した Photo: Masami SATOU
肩のボリュームを絞ったフォーク。重量は280gに収まる Photo: Masami SATOU
軽量な車体ながらパワーを受け止めるBB部は優れた剛性 Photo: Masami SATOU

 フロントフォークの肩部は絞り込まれており、徹底的な軽量化が図られている。重量は280gだ。トップチューブ後部から伸びるリアブレーキワイヤーのラインはぎりぎりまで短くなるように設計。なるべく軽くしたいという技術者の意向が反映されたかたちで、その結果フレーム重量はSサイズで730gに収められた。

山だけではもったいない

 「待ってました!」と手をたたく読者も多いだろう。近年、エアロ化やディスクブレーキの搭載で複雑化するロードバイクの構造は速さへ直結する。しかし、シンプルな構成で扱いやすいロードバイクも求めらられているのも確かだ。785 HUEZ RSは往年のスタイルを踏襲しつつ、最新のテクノロジーを投入したバイク。実走したフィーリングにも期待が高まった。

俊敏で乾いた加速で、一気にスピードを乗せられるためクリテリウムでも武器になるだろう Photo: Masami SATOU

 テストしたのは丘陵地帯。平地やアップダウンがバランスよく繰り返すコースをハイペースで走行した。気になる走りだが、想像以上に軽い。上りだけではなく、平地で一気にスピードに乗せる加速でもしっかりと反応してくれる。クリテリウムのような加減速が繰り返すシチュエーションでも武器になるだろう。上りでは言わずもがな、パリっとした乾いた進み具合で、無駄な力を使わない軽快な走りを実現した。

本領を発揮する上りでは、脚への負担が明らかに軽い Photo: Masami SATOU

 シャープで軽量なフロントフォークは見た目以上の粘りをみせた。軽量バイクにありがちなヒラヒラした不安感はなく、安定したハンドリングで速く、快適なダウンヒルができた。軽量性とバランスの良さは、一発の速さだけでなく、長距離のグランフォンドやロードレースでも相性がいい。785 HUEZ RSはクライミングバイクと位置付けられているが、フィールドを山だけに限定してはもったいない、オールマイティに活躍が期待できる1台だった。

ルック「785 HUEZ RS」
税抜価格:480,000円(LOOK ZED2クランク+BB付属)、380,000円(フレームセットのみ)
重量:730g(フレーム)、280g(フォーク)※Sサイズ
サイズ:XS、S、M、L、XL
カラー:プロチームマット、ブラックリフレクトマット、フローレッドグロッシー、フォルトゥネオ チームレプリカ

松尾修作
松尾修作

サイクリスト編集部員。10代からスイスのUCIコンチネンタルチームに所属し、アジアや欧州のレースを転戦。帰国後はJプロツアーにも参戦し、現在は社会人チーム「Roppongi Express」で趣味のレースを楽しむ。JBCFのカテゴリーはE1。数多くのバイクやパーツを試してきた経験を生かし、インプレッション記事を主に担当している。

紹介ブランドのショップナビ店舗

関連記事

この記事のタグ

~50万円 バイクインプレッション フレームセット ルック ロードバイク

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

ショップナビ

スペシャル

自転車協会バナー
CyclistポケットTシャツ

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載