ドーピング問題に関する手続きも終結チーム スカイがツール・ド・フランス出場メンバーを発表 フルーム5勝目に向け堅実布陣

by 石川海璃 / Kairi ISHIKAWA
  • 一覧

 UCIワールドチーム、チーム スカイが7月7日(土)にフランス中西部のノワールムティエ=アン=リルで開幕する、第105回ツール・ド・フランスの出場メンバーを決定した。大会4連覇を目指すクリストファー・フルーム(イギリス)を中心に総合優勝を狙う構成で、強力なアシスト勢がサポートする。

昨年のツールの様子 今年もフルームが連覇するのか注目したい photo: Yuzuru SUNADA

ドーピング問題もクリアに

 発表されたメンバーは8人。

 フルームのツール出場に関しては、ツールを主催するASOが昨年のブエルタ・ア・エスパーニャでフルームの尿から検出された喘息症状を抑える薬物「サルブタモール」が過剰な量検出されたことを理由に、出場を拒否したとフランス大手新聞、ル・モンド電子版が発表していた。

 しかし、国際自転車競技連合(UCI)が7月2日、ドーピング問題に関する手続きが終結したと公式ウェブサイト上で発表したのを受け、フルームのメンバー入りが確定した。

 これによりフルームは強力なサポート体制で、5月に行われたジロ・デ・イタリアの総合優勝に引き続き、ツール史上最多タイとなる5度目の総合優勝と4回連続のグランツール優勝に挑む予定だ。

 第15ステージには、2014年にフルームが苦い経験をしたパヴェ区間が3年ぶりに復活し、15セクターからなる史上最長の21.7kmで出迎える。アクシデントの多い石畳で、フルームやアシスト選手がリタイアすることなく最終日を迎えることができるのかにも注目したい。

■チーム スカイ ツール・ド・フランス2018出場選手
クリス・フルーム(イギリス)
ミカル・クウィアトコウスキー(ポーランド)
ゲラント・トーマス(イギリス)
ワウト ・プールス(オランダ)
ジャンニ・モスコン(イタリア)
ヨナタン・カストロビエホ(スペイン)
エガン・ベルナル(コロンビア)
ルーク・ロウ(イギリス)

関連記事

この記事のタグ

チームスカイ ツール・ド・フランス2018 ツール2018・レース情報

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

ショップナビ

スペシャル

自転車協会バナー
新春初夢プレゼント2019

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載