7月はカラーオーダーキャンペーンを実施ブリヂストンアンカーのシマノ105搭載車が、新型のR7000系にアップデートして発売

  • 一覧

 ブリヂストンサイクルのスポーツ車ブランド「ブリヂストンアンカー」は、シマノ105コンポーネントを搭載する全てのモデルで、この6月より新型のシマノ105コンポーネント(R7000系)へとアップデートした。これに合わせて7月中、カラーオーダーのオプションが無料になるキャンペーンを実施する。

PROFORMATで設計のロングライド向けカーボンロード「RL8 EQUIPE」が、新型シマノ105にアップデート © Bridgestone Cycle

最新コンポーネントに全モデル刷新

 シマノ105は、シマノのロードバイク向けコンポーネントシリーズで、トップグレードの「デュラエース」、セカンドグレードの「アルテグラ」に次ぐ、ミドルクラスのグレードとなっている。ミドルグレードながらトップグレードと同じリア11段変速を採用しており、レースやイベントなどで本格的に走りたいライダーにもおすすめのコンポーネントだ。今年登場した新型のR7000系のシマノ105は、リア変速機が出っ張りの少ないシャドータイプになるなど、トップグレードの特徴を受け継ぎ、操作性や信頼性を向上させている。

アルミフレームのロングライドモデル「RL6 EQUIPE」 © Bridgestone Cycle

 ブリヂストンアンカーでシマノ105を搭載するのは、ロードが8モデル、シクロクロスが2モデルの、計10モデルとなる。

 ロングライドモデルは、カーボンフレームの「RL8 EQUIPE」とアルミフレームの「RL6 EQUIPE」がシマノ105を搭載。いずれも独自技術であるPROFORMAT(プロフォーマット)を駆使して設計され、必要な剛性と乗り心地を高いレベルで両立している。RL6はアルミフレームながら、カーボンの乗り味をアルミで追求するというアプローチで開発されている。

フラッグシップモデルと同じ設計のカーボンレーシングモデル「RS8 EQUIPE」 © Bridgestone Cycle
リアルレーサーの最新性能を手の届きやすい価格で実現する「RS6 EQUIPE」 © Bridgestone Cycle

 レースモデルは、カーボンフレームの「RS8 EQUIPE」とアルミフレームの「RS6 EQUIPE」が今回新型105にアップデート。RS8はチームブリヂストンサイクリングの選手が使用するRS8と同じ設計を採用し、より高い耐久性とコストパフォーマンスを持つカーボン素材を使用して作られた。いずれもPROFORMATで最適化された設計を誇る。

女性向け設計のカーボンロード「RL8W EQUIPE」 © Bridgestone Cycle
カーボンバイクの乗り味をアルミで再現した「RL6W EQUIPE」 © Bridgestone Cycle

 女性向けにはロングライドモデルが、カーボンフレームの「RL8W EQUIPE」とアルミフレームの「RL6W EQUIPE」が対応。女性専用のサイズに調整されたフレームに、ハンドル、サドルといった体が触れる部位には女性専用パーツを採用。PROFORMATの性能を女性に、手頃な価格で提供する。

スピニングバテッドとバルジ成形を採用した究極のクロモリロード「RNC7 EQUIPE」 © Bridgestone Cycle
高いコストパフォーマンスを誇るクロモリロード「RNC3 EQUIPE」 © Bridgestone Cycle

 クロモリの限界に挑むネオコットシリーズからは、「RNC7 EQUIPE」「RNC EQUIPE」が対応。シクロクロスモデルは、ディスクブレーキ搭載の「CX6D EQUIPE」とカンチブレーキ仕様の「CX6C EQUIPE」の両アルミモデルが新型105を搭載する。

ディスクブレーキ搭載のシクロクロスモデル「CX6D EQUIPE」 © Bridgestone Cycle
カンチブレーキ仕様の「CX6C EQUIPE」 © Bridgestone Cycle

■RL8 EQUIPE 税抜価格:255,500円
■RL6 EQUIPE 税抜価格:180,000円
■RS8 EQUIPE 税抜価格:255,500円
■RS6 EQUIPE 税抜価格:185,000円
■RL8W EQUIPE 税抜価格:255,500円
■RL6W EQUIPE 税抜価格:180,000円
■RNC7 EQUIPE 税抜価格:260,000円
■RNC3 EQUIPE 税抜価格:195,000円
■CX6D EQUIPE 税抜価格:220,000円
■CX6C EQUIPE 税抜価格:200,000円

カラーオーダーのオプションが無料に

 新型105登場に合わせて行われるカラーオーダー無料キャンペーンは、2018モデルのカラーオーダー対応車種全てが対象で、シマノ105を搭載しないモデルや、フレーム単体も対象となる。期間は7月1日から31日までの新規注文分。

カラーラボでは多彩なフレームカラーを選択可能。今回キャンペーンで、イリュージョンなどのオプションが無料に © Bridgestone Cycle

 アンカーオーダーシステムは、ブリヂストンアンカーの大半のモデルが対応するシステムで、多彩なフレームカラーや塗り分け、表面のコーティングなどが、標準価格のままで選択が可能となっている。今回のキャンペーンは、一部有料のオプションも無料になるというもの。自分だけの一台を作り上げる絶好のチャンスだ。

 無料になるのは、シンプルスタイルとエッジスタイルでのイリュージョンカラー選択(通常4700円税別)と、シンプルスタイルカラーでの前フォーク同色塗り(通常3800円税別)、シンプルスタイルカラーでのネーム入れ(通常2300円税別)という、3つの有料オプション。イリュージョンカラーは、分光性塗料を使用して、見る角度や光の当たり方によって、様々な色に変化する人気のカラーだ。

関連記事

この記事のタグ

アンカー(anchor)のロードバイク

10~20万円 20~30万 アンカー キャンペーン ブリヂストンサイクル ロードバイク 新製品情報

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載