大会・イベント情報2018絶景の越後平野と日本海をひとり占め 「新潟ヒルクライム in 弥彦・岩室」9月1、2日開催

  • 一覧

 新潟県の弥彦山スカイラインを舞台としたヒルクライムイベント「2018新潟ヒルクライム in 弥彦・岩室」が、9月1日(土)、2日(日)に行われる。今年からヒルクライム前日にタイムトライアルも開催。エントリーは7月4日(水)午後7時から開始となる。

コースは佐渡島や日本海などが一望できるという ©新潟ヒルクライム実行委員会事務局

競輪場のバンクにもチャレンジ!!

 第1ステージとなる初日は弥彦競輪場で1マイル(1.6km)タイムトライアルが実施される。1周400mのバンクを4周してタイムを競い、各カテゴリーでトップタイムを記録した人が表彰対象だ。普段はなかなか走ることのできないバンクを思う存分に走行できる機会になっている。

 第2ステージのヒルクライムは新潟市岩室観光施設「いわむろや」付近をスタート。弥彦スカイライン間瀬口、だいろ坂を経て、ゴールとなる弥彦山山頂駐車場を目指す全長7.6kmの道のりでタイムを競う。コースに設定されている弥彦山スカイラインからは、広大な越後平野と佐渡島を望む日本海が一望でき、余裕があれば景色を楽しみながらゴールを目指すことが可能だ。

昨年の様子 それぞれのペースでゴールを目指す ©新潟ヒルクライム実行委員会事務局
昨年の表彰式での様子 ©新潟ヒルクライム実行委員会事務局

 また、同イベントでは小学生向けのコースが別途設定されており、こちらは序盤の区間を省略した全長5.3kmで行われる。小学生には伴走者がつくこともでき、完走率は2年連続で100%を誇る。まさに、大人から子どもまで楽しむことができるヒルクライムイベントだ。

 さらにヒルクライム参加者には、地元の温泉街各店特製の情熱パワーランチも振舞われるほか、参加賞として弥彦温泉と岩室温泉で使用できる無料入浴券が用意。レース後に疲れた身体をじっくりと癒すことができる。

 大会エントリーは7月4日(水)午後7時から受付開始で、タイムトライアルとヒルクライムの総合タイムを競うお得な2ステージ参加のほか、各ステージ単独での参加も可能だ。締め切りは8月5日(日)までで定員となり次第終了となる。

2018新潟ヒルクライム 2DAYS in 弥彦・岩室

■開催日:2018年9月1日(土)午前10時~午後5時、9月2日(日)午前6時30分~正午頃
■コース:
 第1ステージ:弥彦競輪場4周回(1.6km)
 第2ステージ:中学生以上(コース総長7.6km 標高差520m 平均勾配5.5%)、小学生(コース総長5.3km 標高差420m 平均勾配7.9%)
■参加資格:健康かつ弥彦競輪場を安全に周回すること、自力により自転車で110分以内に完登でき、安全に下山できると見込まれる小学生以上
■定員:600人
■参加料:
 2ステージ参加(1マイルタイムトライアル&ヒルクライム):一般 6,000円、高校生以下 4,000円、小学生+伴走者 7,000円(伴走はヒルクライムのみ参加可)
 第1ステージのみ:1,500円
 第2ステージのみ:一般 5,000円、高校生以下 3,000円、小学生+伴走者 6,000円
※小学生の部は伴走者込みの金額
■カテゴリー:男性ロード年代別、女性ロード年代別、小学生高学年(車種区分なし)、小学生低学年(車種区分なし)、フリー(MTB・ファットバイク・タンデム・ママチャリ等年齢、性別区分なし)
※リカンベントは不可
■参加申し込み:7月4日(水)午後7時~8月5日(日)
※定員になり次第締め切り

この記事のタグ

大会・イベント情報 新潟県

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

サイクリストTV

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載