新製品情報2018GTが新型105など搭載のグラベルロード「グレード」の2019年モデルを発表

  • 一覧

 アメリカのバイクブランド「GT」はグラベルロード「GRADE」(グレード)の2019年モデルを発表した。シマノの新型105を搭載した「GRADE CARBON EXPERT」(グレードカーボンエキスパート)をはじめ、3種ラインナップ。それぞれ夏頃から取扱店にデリバリー開始となる。

新型105を搭載するフラッグシップ「グレードカーボンエキスパート」 ©GT

走行シーンを問わずマルチに活躍

 グラベルロードはロードバイクのスピードとマウンテンバイクの走破性を有するハイブリッドバイク。グラベル(砂利道)や舗装路など走行シーンを問わず、マルチに活躍できるのが特徴だ。

 今回発表された「グレードカーボンエキスパート」はGTのグラベルロードのフラッグシップモデル。フレームは「オールデイジオメトリー」で設計され、シクロクロスよりもわずかに寝かしたヘッドアングルや、長いホイールベースなどが道を選ばないライドを後押しする。

 また、トップチューブとシートチューブを接続した構造を持つことで、横方向の剛性と垂直方向の柔軟性を有している。これにより路面追従性と振動吸収性を高め、オフロードでもアグレッシブなライディングを可能にした。

 ブレーキには前後160mmローターの油圧式ディスクブレーキを搭載し、走行シーンや天候に左右されない制動力を獲得。タイヤは32Cを装備し、走破性と快適性の両立を図った。

 ハンドルは荒れた路面でのコントロール性を考慮し、ドロップ部がハの字に広がる「フレアドロップバー」を装備。荒れた路面でも安定したライディングを実現した。

■GRADE CARBON EXPERT
税抜価格:318,000円
コンポーネント:シマノR7000系105(11速)
ブレーキ:油圧ディスクブレーキ
サイズ:51(XS)、53(S)
カラー:モスグリーン
重量:不明

仕様変更で価格を抑えた

 「GRADE CARBON ELITE」(グレードカーボンエリート)は、ホイールの固定方式や搭載コンポーネントを変更することで価格を抑えたミドルグレードだ。ホイールの固定がクイックリリース式で、ブレーキは前160mm後140mmのローター径が異なるテクトロ製の油圧式ディスクブレーキを搭載。メインコンポはティアグラを装備している。

ティアグラを搭載し、価格を抑えた「グレードカーボンエリート」 ©GT

■GRADE CARBON ELITE
税抜価格:228,000円
コンポーネント:シマノTiagra(10速)
ブレーキ:油圧ディスクブレーキ
サイズ:51(XS)、53(S)、55(M)
カラー:ロウ
重量:不明

アルミモデルもラインナップ

 エントリーグレードの「GRADE ALLOY COMP」(グレードアロイコンプ)は唯一のアルミモデルのグラベルロード。ブレーキは前後160mmローターのワイヤー式ディスクブレーキで、メインコンポはシマノのクラリスを搭載。

10万円以下の「グレードアロイコンプ」 ©GT

 上位2車種の血統を受け継ぎながら、税込みで10万円以下と高いコストパフォーマンスを誇るバイクとなっている。

■GRADE ALLOY COMP
税抜価格:84,800円
コンポーネント:シマノClaris(9速)
ブレーキ:ワイヤー式ディスクブレーキ
サイズ:48(XXXS)、50(XXS)、51(XS)、53(S)
カラー:ブラック
重量:不明

紹介ブランドのショップナビ店舗

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

20~30万円 2019年モデル 5~10万円 GT アルミ カーボン グラベルロード

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

  • タイム
    アルプデュエズ01 ディスク

    ディスクブレーキで伝統の走りを進化

  • リブ
    AVAIL ADVANCED

    走る好奇心を止めない リブの新型‟無敵”ロードバイク

  • インプレッション一覧へ

    連載