サイクリスト

御神火ライド2018

2018年から千葉県は走行可能千葉県佐倉市でタンデム自転車のレンタサイクルが7月1日スタート

  • 一覧

 2人乗りのタンデム自転車を楽しめるレンタサイクルが、7月1日から千葉県佐倉市でスタートする。本格的なタンデム自転車のレンタサイクルは千葉県でも初の試み。レンタル料金は2時間1500円から。貸し出し場所は、印旛沼湖畔に位置する「佐倉ふるさと広場」となっている。

風車の景色も有名な、千葉県佐倉市でタンデム自転車のレンタサイクルが開始 ⒸSAKURA CITY TOURISM ASSOCIATION

4月よりタンデム自転車の公道解禁

 タンデム自転車とは、二人乗り(または三人乗り)用の自転車。1台に乗車人数に合わせた数のサドルとペダルが装備されており、同時に駆動することができる乗り物だ。体力差があるカップルや親子はもちろん、視覚障害のある人が健常者といっしょにサイクリングを楽しむこともできることからファンも多い。

 通常、自転車の二人乗りは法律により禁止されているが、タンデム自転車は利用を認められている地域であれば、合法的に、自由に走行することができる。今回、レンタサイクルが導入された千葉県は、これまでタンデム自転車の走行が全面禁止されていたが、2018年4月に細則を一部改正。以降、タンデム自転車の公道走行が認められるようになった。

ひまわり畑や弱虫ペダル舞台を巡る

 レンタサイクルの拠点となる「佐倉ふるさと広場」には、印旛沼湖畔をめぐるサイクリングコースが隣接。水辺の景観を楽しみながら、 豊かな自然の中を走ることができる。

 アニメ「弱虫ペダル」の舞台にもなっている佐倉市は、聖地巡礼にもオススメ。佐倉ふるさと広場の売店「佐蘭花(さらんか)」には、 アニメに登場するキャラクターのパネルが飾られている。撮影はもちろん、SNSなどへの投稿も大歓迎だという。

「弱虫ペダル」の聖地としても有名な佐倉市 ⒸSAKURA CITY TOURISM ASSOCIATION
通常のシティーサイクルのレンタルも可能だ<br /> ⒸSAKURA CITY TOURISM ASSOCIATION
7月には、風車の周辺でひまわりが咲き誇り「風車のひまわりガーデン」を開催 ⒸSAKURA CITY TOURISM ASSOCIATION 

 このほか、風車がシンボルの佐倉ふるさと広場では、入場無料の「風車のひまわりガーデン」を、7月7日(土)から7月22日(日)まで開催。また、8月4日(土)には、合計18,000発を打ち上げる千葉県最大級の花火大会「佐倉花火フェスタ2018」も行われる。夏にはひまわり、秋にはコスモスが見頃となる佐倉ふるさと広場。仲間や家族を誘って、足を運んでみよう。

 なお、佐倉市内では、タンデム自転車の他に4カ所でシティサイクルや子ども用の自転車のレンタルを実施している。レンタサイクルの詳細は、佐倉市観光協会の公式ウェブサイトをチェックしよう。

■佐倉市タンデム自転車レンタル概要

開始日:2018年7月1日(日)
貸出場所:佐倉ふるさと広場(佐倉市臼井田2714)
対象身長:パイロット(前席)は165cm以上、 コ・パイロット(後席)は145cm以上
年齢:パイロットは15歳(高校生)以上、 コ・パイロットは制限無し
体重:パイロット、 コ・パイロット共に90kg以下
レンタル料金 2時間/1,500円 4時間/3,000円 1日/4,000円
※タンデム自転車初心者は、試乗・練習後、利用可
※安全のため、ヘルメット・グローブ着用が必須(レンタル、販売あり)

関連記事

この記事のタグ

サイクルツーリズム

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

ショップナビ

スペシャル

自転車協会バナー
CyclistポケットTシャツ

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載