男子ジュニアは日野泰静が2連覇【速報】男子U23は石上優大が最後独走で優勝 全日本選手権ロードレース

by 米山一輝 / Ikki YONEYAMA
  • 一覧

 島根県益田市で開催の「第87回 全日本自転車競技選手権大会 ロード・レース」で6月23日、男子U23(23歳未満)のレースで石上優大(AVC AIX EN PROVENCE)が最後は独走で優勝した。男子ジュニアでは日野泰静(松山城南高校)が2連覇した。

男子U23チャンピオンに輝いた石上優大(AVC AIX EN PROVENCE) Photo: Ikki YONEYAMA

 男子U23のレースは14.2kmの周回コースを11周する156kmで行われた。レースは序盤形成された逃げ集団が、レース半分を過ぎたところで吸収されると、後半はアタック合戦に。残り3周から石上と松田祥位(エカーズ)が抜け出し、最終周の上りで石上が松田を突き放して独走に持ち込んだ。

男子U23、後半は逃げができては吸収される、アタック合戦に Photo: Ikki YONEYAMA
残り3周から抜け出した、石上優大、松田祥位の2人 Photo: Ikki YONEYAMA

 男子ジュニアではレース中盤に形成された逃げを、メイン集団が最終周で吸収。アタック合戦で決定打は生まれず、40人弱でのゴールスプリントを日野が危なげなく制し、昨年に続いて全日本ジュニア2連覇を達成した。このほか女子ジュニアでは石上夢乃(横浜創学館)、女子U17では渡部春雅(駒沢大学高校)、男子U17では津田悠義(三好高校)、男子U15では梅沢幹太(エキップユーレーシング)が優勝した。

男子ジュニアは日野泰静(松山城南高校)がスプリントを制して2連覇 Photo: Ikki YONEYAMA
女子ジュニア+女子U17のレースは、6人のゴールスプリントを石上夢乃(横浜創学館)が制して優勝 Photo: Ikki YONEYAMA
男子U17+U15は津田悠義(三好高校)が独走で優勝。自慢のガッツポーズでゴールイン Photo: Ikki YONEYAMA

男子U23結果
1 石上優大(AVC AIX EN PROVENCE)
2 松田祥位(EQADS)
3 大前翔(慶應義塾大学)

男子ジュニア結果
1 日野泰静(松山城南高校)
2 福田圭晃(横浜高校)
3 兒島直樹(祐誠高校)

女子ジュニア結果
1 石上夢乃(横浜創学館)
2 中冨尚子(京都産業大学)
3 平尾愛菜(岐阜第一高校)

女子U17結果
1 渡部春雅(駒沢大学高校)
2 内野艶和(祐誠高校)
3 石田唯(北桑田高校)

男子U17結果
1 津田悠義(三好高校)
2 石塚慶一郎(和歌山北高校)
3 小池陽斗(北桑田高校)

男子U15結果
1 梅沢幹太(エキップユーレーシング)
2 鎌田晃輝(VC FUKUOKA)
3 小泉響貴(さいたま市立八王子中学校)

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

全日本ロード2018

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載