開幕当日はレースを無料放送、都内でイベントも開催J SPORTSがツール・ド・フランス全21ステージを7月7日から独占生中継

  • 一覧

 スポーツ専門チャンネルの「J SPORTS」(ジェイスポーツ)は、7月7日(土)に開幕する世界最大の自転車レース「ツール・ド・フランス」の全21ステージを独占生中継する。また、「J SPORTS オンデマンド」ではスタートからフィニッシュまで完全LIVE配信も行う。

昨年の最終ステージの様子 Photo: Yuzuru SUNADA

毎年恒例の「HUB」コラボイベントも開催

 J SPORTSでは独占生中継に加え、ツール・ド・フランス開幕日の7月7日(土)限定でレースの無料放送を行うほか、東京・世田谷区の「iTSCOM STUDIO&HALL 二子玉川ライズ」で、解説・実況でお馴染みの栗村修さんとサッシャさんのスペシャルトークショーも実施する。

 J SPORTSオンデマンドは、パソコン、スマートフォン、タブレットなどの端末からインターネットブラウザや専用アプリで視聴できる動画配信サービス。自宅だけでなく外出先などでもツール・ド・フランスを楽しむことができる。現地の様子をマルチカメラで配信するほか、スタートからフィニッシュまで実況・解説(英語)を全ステージでLIVE中継する。

 また、毎年恒例となるブリッティッシュパブ「HUB」(ハブ)とコラボレーションを行い、ツール・ド・フランスフェアを開催。放映を記念したオリジナルカクテルが登場し、お酒を飲みながら大型モニターでツール観戦が楽しむことができる。

昨年のツール難関コース第9ステージのゴールシーン ゴールスプリントでは、ウランとバルギルの差はほんのわずかだった Photo: Yuzuru SUNADA

今年はチームTTが復活

 105回目の開催となる今回は、フランス北西部・バンデ県をグランデパール(開幕地)とし、そこから北上して、後半はアルプスからピレネーを目指す時計回りのコース。大会1週目には3年ぶりに復活した35kmのチームTTが登場し、2週目からは本格的な山岳ステージや、総合順位を大きく左右するパヴェ(石畳)ステージが設定されている。さらに3週目にはマイヨ・ジョーヌを決定づける31kmの個人TTが待ち構え、お馴染みの最終ステージパリ・シャンゼリゼで終わりを迎える。

 今年はUCIルールの変更に合わせ、各チームの出走人数が1人減少することから、例年とは違う総合争いが展開されるだろう。

関連記事

この記事のタグ

ツール・ド・フランス2018 ツール2018・その他

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

ショップナビ

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載