男子U23は山本大喜が優勝【速報】與那嶺恵理が全日本個人TTで優勝 女子エリート4連覇達成

by 松尾修作 / Shusaku MATSUO
  • 一覧

 石川県志賀町で6月17日、「第22回全日本個人タイムトライアルロードレース選手権」が開催され、女子エリートカテゴリーを與那嶺恵理(ウィグル・ハイファイブ)がトップタイムで優勝を果たし、自身同カテゴリーで4連覇を達成した。

全日本個人TT選手権ロド女子エリートで4連覇を飾った與那嶺恵理(ウィグル・ハイファイブ) Photo: Noriko SASAKI

 13.1kmを2周する計26.2kmで争われた女子エリートは、1周目の中間計測から與那嶺がトップタイムで通過。フィニッシュタイムは2位の唐見実世子(弱虫ペダルサイクリングチーム)に1分49秒差をつける圧勝で、ナショナルチャンピオンジャージを獲得した。

U23男子カテゴリーを初優勝した山本大喜(キナンサイクリングチーム) Photo: Shusaku MATSUO
女子U23カテゴリーを制した梶原悠未(筑波大学) Photo: Shusaku MATSUO

 男子U23は山本大喜(キナンサイクリングチーム)、女子U23は梶原悠未(筑波大学)がそれぞれ優勝した。

女子エリート結果(速報)
1 與那嶺恵理(ウィグル・ハイファイブ)37分18秒17
2 唐見実世子(弱虫ペダルサイクリングチーム)+1分49秒49
3 伊藤杏菜(Live GARDEN Bicistelle) +3分23秒13

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

タイムトライアル 全日本ロード2018

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

  • タイム
    アルプデュエズ01 ディスク

    ディスクブレーキで伝統の走りを進化

  • リブ
    AVAIL ADVANCED

    走る好奇心を止めない リブの新型‟無敵”ロードバイク

  • インプレッション一覧へ

    連載