バイクインプレッション2018シンプルで機能的なクロスバイク ライトウェイ「シェファード」「シェファードシティ」

by 松尾修作 / Shusaku MATSUO
  • 一覧

 スタイリッシュな街乗りバイクをラインナップするRITEWAY(ライトウェイ)から、各所にこだわりを盛り込んだクロスバイク、「シェファード」と「シェファードシティ」をインプレッションした。パーツセレクトや作り込みに統一感があり、走りとファッションを両立したいサイクリストにおすすめしたい2台だ。

シンプルで街中のアーバンライドに特化した「シェファードシティ」(左)と「シェファード」 Photo: Masami SATOU

スタイリッシュでスポーティ

 シェファードはクロスバイクには珍しく、細身のフレームでかつ、トップチューブが地面と平行になるホリゾンタル形状のデザインを採用している。

フレームサイズごとにホイールサイズを変更し、スタイルを維持しながら、様々な体格のサイクリストへフィットさせた Photo: Masami SATOU

 最大の特徴はフレームサイズごとにホイールサイズを変更しており、24インチ、26インチ、700Cの3サイズで展開している点だ。小さいフレームサイズの場合にも、やむを得なしにスローピング形状のフレームにするのではなく、ホリゾンタル形状のスタイリッシュさを保ちながら、サイクリストの体格にバイクを合わせるという、世界初の試みだ。

 フレームカラーは6種類用意される。組み合わせるパーツのカラーもフレームカラーに応じて、マットレッド、マットホワイト、マットネイビーにはシルバー、マットダークオリーブ、マットグレーシルバー、マットブラックにはブラックの、ステムやハンドル、シートポストを用いられているのがこだわりだ。

手のひらに馴染むエルゴノミクスグリップを採用 Photo: Masami SATOU

 外見だけでなく、機能性も充実している。ロードバイクに用いられることが多いインテグラルヘッドを取り入れ、軽量化と耐久性を両立させた。シンプルなフロントシングルギヤはチェーンガードをクランクと一体化させ、チェーンの脱落と裾などへの汚れを防止する。クランク長はサイズごとに165mm、170mm、175mmと体格に合わせられ、快適なペダリングを可能とする。

 跨ってみるとハンドルが低く、前傾姿勢が強めの印象を受けた。ハンドルに荷重がかかる割合が多いが、エルゴノミックなグリップが手にフィットし不快さはない。それどころか、走行を開始するとハンドル、サドル、ペダルの3点にバランスよく荷重が分散されていると感じ、各ポイントに痺れなどはなく実に快適にサイクリングできた。スピードを上げてもしっかりとタイヤへ荷重をかけられるので、安定していながらスポーティな乗り味を体感できた。

ハンドル、サドル、ペダルの3点に荷重が分散され、長時間ライドも快適だった Photo: Masami SATOU

■シェファード
税抜価格:55,800円
サイズ:24″(150〜160cm)、26″(160〜170cm)、700C(170〜180cm)
重量:10.1kg(24″)、10.6kg(26″)、10.9kg(700C)
カラー:マットネイビー、マットホワイト、マットレッド、マットグレーシルバー、マットダークオリーブ、マットブラック

職人によるポリッシュが輝く

 シェファードシティはクロスバイクのスタンダードを高いレベルで実現したモデルだ。700Cホイールに扱いやすいスローピング形状、フロント3枚のギヤといった“王道”のスペックを取り入れつつ、日本人の体格に合わせて設計したフレームのほか、各所に一手間加えて質感を高めている。

統一感のある輝きがおしゃれな「シェファードシティ」 Photo: Masami SATOU

 タイヤは「アーバンフルグリップタイヤ」で、溝をなくしたスリックタイヤを採用。しなやかで、35Cながら458gに抑えられた重量は軽快な走りを実現する。また、サイズごとにペダルの大きさを変更し、確実なペダリングをサポート。特徴的なのはシルバーのパーツ各部に職人が磨きを加えていることで、ホイールリムやハンドル、ステム、シートポストなどはピカピカに輝く。なお、グロスブラックカラーのみ、各部のパーツは黒基調にそろえられ、統一感を演出している。

クロスバイクには珍しいインテグラルヘッド Photo: Masami SATOU
各部のパーツは職人の手でポリッシュがかけられる Photo: Masami SATOU

 試乗をしてみると、ペダルのひと漕ぎ目から非常に軽快な推進力を発揮した。軽量化に貢献したアーバンフルグリップタイヤは優秀で、踏み出しだけでなく、巡航性能やコーナリングでもコロコロと抵抗感なく転がり気持ちがいい。実際の重量以上に軽い走行感だった。

サイズごとにペダルの大きさも違い、体格に応じたペダリングが可能 Photo: Masami SATOU

 また、アップライトなポジションはとても快適。リュックサックを背負うような街中のライドでも、ストレスを感じさせない運動性能とコンフォートな乗り心地を両立させた。目を引くポリッシュされた各パーツは驚かされるほど徹底的に磨かれており眩しいほど。シルバーのフレームと一体感を生み出し、税抜価格5万7800円ながらグレードを超えた高級感がある。

ひとつ上のグレードと思わせる上質で軽やかな走行感が魅力 Photo: Masami SATOU

 今回テストした2台の共通点は、両方とも至ってシンプルだということだ。ロゴは最低限に抑えられ、フレームやパーツの個性が光るアッセンブルとなっている。ファッションにも合わせやすいだろう。シンプルかつ機能的な2台はスタイリッシュなアーバンライドに最適だ。

■シェファードシティ
税抜価格: 57,800円
サイズ:S(420)、M(460)、L(500)
重量:11.3kg
カラー: グロスホワイト、グロスネイビー、グロスチタンシルバー、グロスダークオリー、グロスブラック
コンポーネント:シマノALTUS
変速段数:3×8=24段

松尾修作
松尾修作

サイクリスト編集部員。10代からスイスのUCIコンチネンタルチームに所属し、アジアや欧州のレースを転戦。帰国後はJプロツアーにも参戦し、現在は社会人チーム「Roppongi Express」で趣味のレースを楽しむ。JBCFのカテゴリーはE1。数多くのバイクやパーツを試してきた経験を生かし、インプレッション記事を主に担当している。

紹介ブランドのショップナビ店舗

関連記事

この記事のタグ

バイクインプレッション ライトウェイ

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

ショップナビ

スペシャル

自転車協会バナー
新春初夢プレゼント2019

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載