サイクリスト

御神火ライド2018

「りんりんロード」を生かした地方創生を支援自転車で地方創生後押し ビアンキ輸入販売業者が茨城知事に贈呈

  • 一覧
贈られたビアンキのロードバイクにまたがる大井川和彦知事(撮影・上村茉由)

 サイクリングロード「つくば霞ケ浦りんりんロード」を生かした地方創生を支援しようと、自転車輸入販売の「サイクルヨーロッパジャパン」(東京都千代田区)の高橋聡社長が6月7日、茨城県庁に大井川和彦知事を表敬訪問し、自転車を寄贈した。

 寄贈されたのは自転車ブランド「ビアンキ」の最新モデルのロードバイク。中上級者向けで車体が軽く、快適な乗り心地が特徴だ。大井川知事は実際に自転車にまたがり、「早速りんりんロードを走りたくなった」と語り、高橋社長は「知事に先頭に立って乗ってほしい」と話した。

産経新聞・茨城版より)

関連記事

この記事のタグ

サイクルツーリズム

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

ショップナビ

スペシャル

自転車協会バナー
御神火ライド

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載