Cyclist編集部でレビューサイクリングアプリも内蔵、カシオのスマートウォッチ「プロトレックスマートWSD-F20」

  • 一覧

 時間を確認するだけにとどまらず、スマートフォンとの同期で拡張性を備えたスマートウォッチ。カシオの「プロトレックスマートWSD-F20」はスポーツシーンで優れた親和性を持つウェアラブルデバイスとして登場した。サイクリング向けアプリも備えたスマートアウトドアウォッチを試した。

普段使いにも馴染むフェイスデザインの「プロトレックスマート」 Photo: Shusaku MATSUO

スマホの通知を逃さずキャッチ

アプリ「Wear OS」を使い、カレンダーや連絡先をペアリング可能 Photo: Shusaku MATSUO

 プロトレックスマートの特徴のひとつに、1.32インチで2層構造のカラーディスプレイを搭載している点があげられる。タッチパネルを採用し、レスポンスに優れて、色の彩度も高い。画面内のフェイスはクロノグラフ調、デジタル表示といった多数のデザインが用意され、ユーザーの好みに合わせて変更可能となっている。

 またスマートウォッチとして、スマートフォンと連携し、機能を拡張できるのも特徴だ。プロトレックスマート自体は「Wear OS by Google」で稼働しており、スマートフォン側のアプリで時計や連絡先のペアリングができる。BluetoothやWi-Fiでペアリングしたスマートフォンの通知機能を表示させることが可能で、例えば電話の着信を表示し、画面をタッチすると電話を受けることもできる。バイブレーションで確実にユーザーへ通知し、スポーツ中でも気づかせてくれる嬉しい機能も搭載している。

スマートフォンの着信も通知し、受けることも可能 Photo: Kyoko GOTO
スマートフォンと同期しておくと、メッセージアプリの通知も表示 Photo: Shusaku MATSUO

 多くのセンサーを備えているのも魅力だ。圧力(気圧/高度)センサー、加速度センサー、ジャイロセンサー、方位(磁気)センサーがツールやアプリと連携。またGPS機能は3種類の衛星測位システムに対応し、優れた精度の位置情報をユーザーへと届ける。サイクリングシーンではどれだけの高度を上ったかや、サッと地図アプリで進路を確認する際など便利だろう。

スポーティなシーンで活躍する機能とスタイル Photo: Shusaku MATSUO

毎日のフィットネスにも

 これらの機能を組み合わせたサイクリングツールも備えている。スタートボタンをタッチして計測を始めると、GPSが移動を感知し、スピードを換算。移動距離や速度を手元で確認することが可能だ。あらかじめ設定した体重や身長を元に運動量を消費カロリーで表示してくれるため、フィットネスにも向いているだろう。

走行距離や現在のスピードを表示する Photo: Shusaku MATSUO

 実際に装着し、100kmほどライドをしたところ、92gと重くなく、腕の動きを阻害することなく快適にサイクリングを楽しめた。サイクリングアプリの精度も良く、並行して使用したサイクルコンピューターとの誤差は全くなかった。ディスプレイが大きく、かつハッキリとした色調のため、速度や走行距離を目を凝らすことなく確認できた。生活防水で5気圧まで対応しているので、汗も気にしなくていい。

 仲間とパーティを組めるアプリ「CASIO MOMENT LINK」を使えばグループライドでも活躍する。あらかじめアプリを持った仲間と繋がっておけばGPS機能で誰がどこにいるかを確認できる。例えばロングライドイベントではぐれてしまっても、お互いの位置を確認し、エイドステーションなどで合流するといった使い方ができるだろう。Android機種のみの対応だったが、iOSでも使用が可能になった。

充電はマグネット式のスティックを装着する。USBタイプなのでPCからの給電も可能 Photo: Shusaku MATSUO
グループライドで活用できる「CASIO MOMENT LINK」 ©CASIO

 また、フィットネスアプリ「Google Fit」とも連携し、一日の歩数やカロリーを記録する機能も備えている。カレンダーで一日ごとのデータを振り返られるので、積み上げてきた努力を確認するとやる気にさせられる。毎日、いつでもつけていたいと思わせるスマートウォッチだ。

■カシオ「プロトレックスマートWSD-F20」
税抜価格:51,000円
本体サイズ:約61.7×57.7×15.3 mm(ボディ部分の縦×横×厚さ)
重量:92g
GPS機能:GPS、GLONASS、みちびき
充電時間:約2時間
電池寿命:毎秒測位(カラー表示) 6〜8時間(精度優先)/ 約18時間(バッテリー優先)、毎秒測位(カラー表示オートOFF※3): 7〜9時間(精度優先)/ 約25時間(バッテリー優先)、時計のみ(タイムピースモード)約1カ月以上※GPS使用なし

(提供:カシオ)

関連記事

この記事のタグ

サイクルアイテム 時計 製品情報

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載