サイクリスト

御神火ライド2018

バイクインプレッション2018ハイアマチュア向けの基本性能で、長く付き合える1台 ネスト「オルタナ プロ」

by 松尾修作 / Shusaku MATSUO
  • 一覧

 スポーツバイクを取り揃えるNESTO(ネスト)のプレミアムモデル「ALTERNA」(オルタナ)。その中から今回は優れたコストパフォーマンスを誇り、アマチュアレーサー向けバイクとして登場したカーボンロード「ALTERNA PRO-K」(オルタナプロ)の2018年モデルをレビューする。

ネストのプレミアムモデル「オルタナ プロ」 Photo: Masami SATOU

競技の流れを持つプレミアムモデル

 ネストは通勤や通学に最適なクロスバイク、小径車など、スポーティなライフスタイルに密着したラインナップを取り揃えている。その中でも競技用スポーツサイクルの流れを受け継いだプレミアムモデルがあり、ロードバイクのハイエンドにあたるのがオルタナ プロだ。ネストのラインナップは完成車で税抜10万円以下のモデルが中心だが、オルタナ プロはフレームセット価格で18万円と一線を画している。

エアロ効果を生み出すシートポストとシートチューブ形状 Photo: Masami SATOU
東レのカーボン繊維「T-800」を使用し、申し分ない剛性感 Photo: Masami SATOU

 仕様は優れたコストパフォーマンスを誇っている。各社がレース用バイクで使用してきた東レのカーボン繊維「T-800」を100%採用。エアロ効果を考慮したシートポストがフレームセットに付属する。トップチューブはホリゾンタル形状で、オーソドックスで基本に忠実なスタイルとなっている。

ハイアマチュア向けの基本性能

 今回テストしたバイクはR9100のデュラエースで組まれており、フレーム価格に対しては十二分な性能といえるだろう。しかし、乗り始めるとフレームの性能もコンポーネントに釣り合うものだった。剛性は踏み切れないほど高くなく、加速・巡航性は非常に気持ちの良いものだった。

優れたバランスで扱いやすく、ハイアマチュアが結果を狙えるパフォーマンスがあった Photo: Masami SATOU

 スプリントを試すと、頭打ちを感じさせない伸びもみせる。ホリゾンタル形状なので重心が低くなく、車体の振りはさほど軽やかではなかったが、中・高速域の安定性に繋がっていた。シートポストがボリュームのある形状だが、体へ伝える振動の吸収性は悪くない。細身のシートステーでバランスを取っているのだろう。

重量以上に軽い身のこなしが特徴 Photo: Masami SATOU

 アマチュアレーサー向けと謳っているオルタナ プロだが、その水準は高いレベルにあった。なおかつ、“これからレースに出てみたい”という競技エントリー層にも最適な、懐が深い基本性能を擁している。最初はシマノ「105」などレースエントリーモデルのコンポーネントで組み上げ、自身の脚力のレベルアップに応じて上位グレードへカスタマイズしてもいいだろう。トレーニングや競技を長い期間共にできる、レベルの高いコストパフォーマンスを持つ1台だった。

ネスト「オルタナ プロ」
税抜価格:180,000円
サイズ:480mm、500mm、520mm
重量:1145g(フレーム※ハンガー込)、400g(フォーク)、250g(シートポスト)

松尾修作松尾修作

サイクリスト編集部員。10代からスイスのUCIコンチネンタルチームに所属し、アジアや欧州のレースを転戦。帰国後はJプロツアーにも参戦し、現在は社会人チーム「Roppongi Express」で趣味のレースを楽しむ。JBCFのカテゴリーはE1。数多くのバイクやパーツを試してきた経験を生かし、インプレッション記事を主に担当している。

関連記事

この記事のタグ

10~20万円 2018年モデル カーボン ネスト バイクインプレッション フレームセット レース向け自転車 ロードバイク

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

ショップナビ

スペシャル

自転車協会バナー
御神火ライド

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載