サイクリスト

御神火ライド2018

40路線で車道や施設の改良を支援海外サイクリスト呼び込め 政府が国際水準の自転車道「ナショナルサイクルルート」整備

  • 一覧

 瀬戸内の島々を結ぶ「しまなみ海道サイクリングロード」(尾道市~愛媛県今治市、約70㎞)などが国内外のサイクリストの人気を集めているため、政府は、サイクリング好きな外国人観光客の誘致に向け、国際水準の自転車道整備を後押しする。

海外の自転車愛好家にも人気がある「しまなみ海道サイクリングロード」=愛媛県今治市(共同通信)

 自治体などが管理している各地の自転車道から、平成32年度末までに40路線を「モデルルート」に選び、多言語の案内表示や休憩施設の設置を支援。整えば世界に誇る自転車道として認定する方針で、夏までに閣議決定する自転車活用推進計画に盛り込む。

 自治体などが造った自転車道は各地にあるが、外国人でも迷わず快適に利用できるルートは少ない。一方、しまなみ海道サイクリングロードなどは、サイクリスト向けの宿泊施設や標識などの受け入れ環境が整備されている。

 政府はまず、一定距離以上の自転車道から40路線を選び、車道や周辺施設の改良を支援。国際水準に達していると判断した路線を「ナショナルサイクルルート」(仮称)に認定する。具体的な支援策は今後検討する。(共同通信)

関連記事

この記事のタグ

サイクルツーリズム

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

ショップナビ

スペシャル

自転車協会バナー
御神火ライド

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載