新製品情報2018ガーミンの新型サイクルコンピューター「エッジ130」が6月7日発売 新型リアビューレーダーも

  • 一覧

 サイクルコンピュータやスマートウォッチを展開するアメリカのGPS機器メーカー「GARMIN」(ガーミン)から、基本性能をおさえたエントリー向けサイクルコンピューター「エッジ130」が登場した。1.8インチのMIP(メモリインピクセル)モノクロディスプレイを採用し、日中での視認性を確保。通信規格のANT+やBluetoothに対応し、様々なアクセサリーが接続可能。また、視認性とバッテリー寿命を改善した「VariaRTL510リアビューレーダー」も登場。ともに6月7日から発売開始となる。予約開始は5月31日から。

ガーミンの新型サイクルコンピューター「エッジ130」 Photo: Shusaku MATSUO

見やすい新型モノクロディスプレイ

 エッジ130は「エッジ25J」と「エッジ520J」の中間にあたるグレード。カラーディスプレイではないが、直射日光下や夜間でも見やすい新ディスプレイが採用された。通信規格に対応するスピードメーターやケイデンスセンサー、パワーメーターなどとペアリングでき、スマートフォンと同期することで通知機能、データ自動アップロード、ライブトラック、天気情報などのスマート機能も搭載した。これにより、アプリ「ガーミンコネクト」や「ストラバ」へログのアップロードも簡単に行える。

重量は33gでコンパクトな設計 Photo: Shusaku MATSUO

 画面は上位機種の520Jと同じく、表示を分割する機能を備えた。1ページに最大8項目までデータ表示が可能となったことで、トレーニング時に必要な情報を表示することができる。また、ガーミンコネクトから転送したコースを使うナビゲーション機能も備えている。使用する衛星はGPS、みちびき、GLONASS、Galileoの4つで、正確で素早い補足が可能となった。稼働時間は最大13時間となる。

■ガーミン「エッジ130」
税抜価格:23,800円(単品)、29,800円(セット)
ディスプレイ:1.8インチ(MIPモノクロディスプレイ)
本体サイズ:41x63x16mm
重量:33g
稼働時間:最大13時間

車の接近を警告するリアライト

 VariaRTL510リアビューレーダーは、車の接近を知らせるアラートと、リアライトが一体化したレーダーだ。後方140mから接近する車を、同期した対応するエッジシリーズのサイクルコンピューターや、ガーミンウォッチシリーズへとアラートで表示し、セーフティライドをサポートする。

視認性とバッテリー性能が向上した「VariaRTL510リアビューレーダー」 ©Garmin

 モデルチェンジにより、前モデルよりも可視性能が大幅に向上。デイライトで65ルーメンと、約1.6km後方からでも視認できる明るさを持ち、ナイトモード時は29ルーメン、点灯で20ルーメンの性能を誇る。デイライトモードで約15時間、ナイトモードと点灯モードは約6時間の稼働時間となる。本体は縦型に変更され、シートポストに沿ってスマートに取り付けが可能となり、ペダリングの動きを妨げない造りとなった。

ガーミン「VariaRTL510リアビューレーダー」
税抜価格:23,800円
サイズ:98.6×19.7×39.6mm
重量:71g
モード:点灯、点滅(デイモード、ナイトモード)
明るさ:65ルーメン(デイモード)、29ルーメン(ナイトモード)、20ルーメン(点灯)
稼働時間:約15時間(デイモード)、約6時間(ナイトモード、点灯)
通信:ANT+

紹介ブランドのショップナビ店舗

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

サイクルコンピューター|サイクルアクセサリー商品一覧

~5万円 ガーミン サイクルアクセサリー サイクルコンピューター 新製品情報

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

  • タイム
    アルプデュエズ01 ディスク

    ディスクブレーキで伝統の走りを進化

  • リブ
    AVAIL ADVANCED

    走る好奇心を止めない リブの新型‟無敵”ロードバイク

  • インプレッション一覧へ

    連載