一般エントリーは5月26日スタート「ツール・ド・東北」にロバートの3人が初参加 ポール・スミスデザイン「バンダナ」が無償提供

by 後藤恭子 / Kyoko GOTO
  • 一覧

 9月15(土)、16日(日)に開催される東日本大震災の復興支援サイクリングイベント「ツール・ド・東北 2018」の記者発表会が5月22日に東京・千代田区で行なわれた。第6回となる今大会では、お笑い芸人「ロバート」が初参戦するほか、英国のファッションブランド「ポール・スミス」デザインによるオリジナルの「応“縁”バンダナ」が、参加ライダー・ボランティアクルー全員に無償提供することが発表された。

参加者をつなぐ「応“縁”バンダナ」を身に着けた「ツール・ド・東北 フレンズ」の皆さん。写真左から東北応援大使の中西哲生さん、広報大使の道端カレンさん、東北応援大使の谷真海(まみ)さん、パンサーの尾形貴弘さん、ロバートの山本博さん、秋山竜次さん、馬場裕之さん Photo: Kyoko GOTO

参加者をつなぐ「応“縁”バンダナ」

 東日本大震災の復興支援と震災の記憶を未来に残していくことを目的に2013年から開催している「ツール・ド・東北」は、順位やタイムを競うレースではなく、楽しく走るファンライド形式の自転車イベント。10年程度の継続開催を目標の1つとし、節目の第6回を迎える今回は、初日に宮城県仙台市を出発地としてライドと船を組み合わせた「仙台発グループライド&クルージング」コース、2日目に宮城県南三陸町を出発地とするフリーライド「南三陸ワンウェイフォンド」コースが新設され、過去最多の計9コースとなった。

ポール・スミス氏デザインによる「ツール・ド・東北 応“援”バンダナ」、参加者とボランティアクルーに送られる Photo: Kyoko GOTO

 当日の記者会見で発表されたポール・スミス氏デザインによる「ツール・ド・東北応“縁”バンダナby Paul Smith」は、手描き風のドットをあしらったバンダナの中央に、ツール・ド・東北のテーマカラーであるグリーンで東北地方のモチーフが描かれ、その周囲には自転車のチェーンを模した模様があしらわれている。

 自らもサイクリストであり、昨年のオフィシャル・チャリティー・サイクルジャージのデザインを手がけたスミス氏は、今年も大会趣旨に賛同する思いから、全て無償で提供。ビデオレターで出演したスミス氏は「ライダーの皆さんだけでなく、サポーター全員が身につけ、東北への連帯を示すバンダナです」とメッセージを寄せた。

ロバートが走る!支える!応援する!

 また、今年新たに「ツール・ド・東北フレンズ」に加わったお笑い芸人の「ロバート」の3人が登壇。このうち出走する山本博さんは、昨年「東松島ふるさと復興大使」として地元・奥松島を走り、今年も出走する「パンサー」のメンバー尾形貴弘さんとともに参戦。ロードバイクは初挑戦だが、「初心者だけど完走を目指せるコースがある」とコースの選択肢の豊富さをアピールした。

出走の決意を表明するロバートの山本博さん(写真左から2番目)に昨年出走したパンサーの尾形貴弘さん(左)が“先輩”としてアドバイスするシーンも Photo: Kyoko GOTO
応援で参加するロバート秋山竜次さんは応“援”バンダナを使って持ちネタを披露 Photo: Kyoko GOTO

 料理上手で知られる馬場裕之さんは仙台に自身の畑を所有している縁から、エイドステーションで「応“縁”飯」をふるまい、「ライダーの皆さんを支える」と意欲を示した。一方の秋山さんは「僕たちらしく、全力で東北を応援します」と、“得意”のお笑いでライダーを応援する決意を表明し、オリジナルバンダナを使ったおなじみのギャグで早速会場の笑いを誘っていた。

今年のオフィシャル・チャリティー・サイクルジャージ。コンセプトは「応援。未来へつなぐ想い」。全面に描かれた襷の4色には参加する人、応援する人、支える人、東北の復興を願うすべての人たちの意味が込められた Photo: Kyoko GOTO

 このほか、大会の新テーマソングとしてロックバンド「くるり」が手掛けた新曲『忘れないように』が決定。ビデオレターで出演した「くるり」のボーカル・岸田繁さんは「重いギアでゆっくり踏んだときのテンポ感に合うと思う。この曲を思い出しながら走ってほしい」とコメントを寄せた。

 一般ライダーのエントリー方式は、「先着順販売」と「抽選販売」の2通りを用意。先着販売は5月26日(土)、抽選は6月1日(金)より「JTBスポーツステーション」にて開始予定。抽選結果は6月25日(月)に発表される。

ツール・ド・東北 2018(Tour de Tohoku 2018)

【大会1日目】2018年9月15日(土)
実施コース:3コース(①牡鹿半島チャレンジグループライド②奥松島グループライド&ハイキング③仙台発グループライド&クルージング)
【大会2日目】2018年9月16日(日)
実施コース:6コース(①気仙沼フォンド②南三陸フォンド③北上フォンド④女川・雄勝フォンド⑤気仙沼ワンウェイフォンド⑥南三陸ワンウェイフォンド)
 
■会場:石巻専修大学(スタート&全コースゴール地点)
※仙台発グループライド&クルージングは、仙台市若林区よりスタート
※気仙沼ワンウェイフォンドは、気仙沼プラザホテル前スタート
※南三陸ワンウェイフォンドは、南三陸ホテル観洋前スタート
■募集人員:4,000人(1日目500人、2日目3,500人)
■募集期間:
先着順販売(一般ライダー)5月26日(土)~6月15日(金)※定員になり次第終了
抽選販売(一般ライダー)6月1日(金)~6月15日(金)

■コース・エントリー料(税込):
【9月15日(土)】
・牡鹿半島チャレンジグループライド(100km) 9,720円
・奥松島グループライド&ハイキング(ライド:70km、ハイキング:560m) 9,720円
・仙台発グループライド&クルージング(60km) 金額未定
【9月16日(日)】
・気仙沼フォンド(210km) 18,360円
・南三陸フォンド(170km) 14,040円
・北上フォンド(100km) 10,800円
・女川・雄勝フォンド(65km) 8,640円
・気仙沼ワンウェイフォンド(100km) 11,880円
・南三陸ワンウェイフォンド(50km) 8,640円(※2人1組での申し込み。料金は2人分必要)

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

ツール・ド・東北 大会・イベント情報

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

  • タイム
    アルプデュエズ01 ディスク

    ディスクブレーキで伝統の走りを進化

  • リブ
    AVAIL ADVANCED

    走る好奇心を止めない リブの新型‟無敵”ロードバイク

  • インプレッション一覧へ

    連載