21チーム105人が参加ツール・ド・北海道が9月7~9日、大雪山系を中心に開催

  • 一覧

 国内最大級の自転車ロードレース「ツール・ド・北海道」の実行委員会は5月11日、今年の大会を9月7~9日に開催すると発表した。大雪山系の周辺を中心にコースを設定。総走行距離は536kmで、標高1000mを超える峠も含まれる。

 実行委によると、海外6チームを含む21チームの105人が参加予定。初日は旭川市をスタートして十勝岳の中腹まで登り、富良野市などを経由して南下する。2日目は帯広市から三国峠を経て北見市まで行き、3日目はゴールの当麻町を目指す。

 一般市民を対象として、9月8日に旭川市で2・2kmのタイムトライアル、9日には上川町などで93km、75km、33kmのレースも行われる。募集期間は6月1日から7月17日まで。問い合わせは公益財団法人ツール・ド・北海道協会☎011・222・5922

産経新聞・北海道版より)

関連記事

この記事のタグ

ロードレース

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

ショップナビ

スペシャル

自転車協会バナー
CyclistポケットTシャツ

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載