サイクリスト

御神火ライド2018

新製品情報2018ライトウェイが2019年モデルのクロスバイクを発表 走破性を高めた「シェファードシティ」

  • 一覧

 日本人向けに設計・開発を行うブランド「RITEWAY」(ライトウェイ)から早くも2019年モデルのクロスバイクが発表された。シェファードの走破性を高めたモデル「シェファードシティ」や、ジュニアモデルの「シェファード24SL」、操作性能を追求したミニベロ「グレイシア」がラインナップされる。

通勤、通学に最適な「シェファードシティ」 ©ライトウェイプロダクツジャパン

オーソドックスなクロスバイク

 「シェファードシティ」は700Cのクロスバイクで、約30分程度、10kmぐらいまでのライディングを想定した設計。近所の買い物から荷物を積んだツーリングまで、幅広いライドスタイルに対応する。

 アルミ製のスローピングフレームにフロント3段リヤ8段の変速を採用し、タイヤメーカーと共同開発した「アーバングリップタイヤ」を装備。高いグリップ力に加え、優れた乗り心地と重量の軽減に成功した。また、フレームサイズに合わせて3種のハンドル幅が設定されるほか、ペダルも異なる2タイプのアルミ製ペダルから、フレームサイズに合わせたものが付属する。

タイヤメーカーと共同開発したアーバングリップタイヤ ©ライトウェイプロダクツジャパン
ジュニアモデルのシェファード24SL ©ライトウェイプロダクツジャパン

 「シェファード24SL」は、シェファード24インチのホリゾンタル(トップチューブが地面と水平)モデルを、主要なパーツはそのままにスローピングフレーム化させた本格派ジュニアバイク。ほかのバイクと同様に、高品質なマット(つや消し)塗装で6カラーがラインナップされる。

■シェファードシティ
税抜価格: 57,800円
サイズ:S(420)、M(460)、L(500)
重量:11.3kg
カラー: グロスホワイト、グロスネイビー、グロスチタンシルバー、グロスダークオリー、グロスブラック
コンポーネント:シマノALTUS
変速段数:3×8=24段

■シェファード 24SL
税抜価格:55,800円
サイズ:24インチ
重量::10.0kg
カラー:マットネイビー・マットホワイト・マットグレイ・マットレッド・マットダークオリーブ・マットブラック
コンポーネント:シマノATLUS
変速段数:1×8=8段

操作性を追求したミニベロ

 「グレイシア」は、ビード直径406mmの20インチタイプのミニベロ(小径ホイールの自転車)。ペダリングが軽く加速が楽で、ストップ&ゴーが苦にならないモデルだ。

 車体は乗り降りしやすいようにスタッガードフレームを採用し、本体を持ちやすくするためのサポートとなるチューブが溶接されている。また、タイヤは20×1.95の太いものを装備することで、路面振動が気にならない乗り心地と安定したハンドル操作を獲得した。

街中でも扱いやすいサイズのグレイシア ©ライトウェイプロダクツジャパン

 フロントのチェーンリングは48Tを搭載し、よりスピーディーな走行ができる。ブレーキにはローターの着脱が容易なセンターロック式のディスクブレーキがアッセンブルされた。

持ちやすくするためのサポートチューブ ©ライトウェイプロダクツジャパン
今回発表された3モデルに付属するキックスタンド ©ライトウェイプロダクツジャパン

 今回発表された3モデルには共通で、スマートフォンフォルダーとセンターキックスタンドが標準装備される。また、コスト面からサードパーティ製品にされがちなブレーキはすべてシマノ製で統一。安定した制動力でブレーキが可能だ。

■グレイシア
税抜価格:59,800円
サイズ:430(20インチ)
重量:11.2kg
カラー:マットグレイ・マットネイビー・マットダークオリーブ・マットブラック
コンポーネント:シマノALTUS
変速段数:1×8=8段

紹介ブランドのショップナビ店舗

関連記事

この記事のタグ

~5万円 2019年モデル 5~10万円 クロスバイク ライトウェイ 新製品情報 街乗り向け自転車

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

ショップナビ

スペシャル

自転車協会バナー
御神火ライド

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載