新製品情報2018キャノンデールから新型「F-Si」登場 最軽量XC-MTBの新レフティはシングルクラウン

  • 一覧

 キャノンデールが2019年モデルとしてクロスカントリーマウンテンバイク「F-Si」(エフエスアイ)とフォーク「LEFTY OCHO」(レフティ オチョ)を発表した。最新のレフティ(キャノンデール独自の片持ちフォーク)は初のシングルクラウン化。フルモデルチェンジで合計330gの軽量化に成功した。

新型「F-Si HI-MOD 1」 ©cannondale

ラインナップ中最軽量のMTBフレーム

 F-Siは2015年に初めてラインナップされた29erのXCハードテイルバイク。今回のフルモデルチェンジでは、以前より取り入れていたキャノンデールの独自技術を進化させ、さらに過酷なレースへと対応するよう進化した。

 車体形状を見直すことで、前モデルから80gの軽量化に成功し、フレーム重量はわずか900gとブランドでは史上最軽量。アップデートされたAiオフセットドライブレインにより、2mm短くなった427mmのチェーンステーとの相乗効果で、さらに登坂力や機敏性も向上している。さらに2.35インチ(実測値58mm)のタイヤを装着できるクリアランスも持ち合わせ、あらゆるコースに対応できるようタイヤセレクトがとなった。また、前作より寝かせた69°のヘッドアングルとフォークオフセットにより、ダウンヒルでの安定感を生み出し、高速走行を実現した。

短いチェーンステーと広いタイヤクリアランスを実現 ©cannondale

フォークはさらに軽量化

 F-Siに付属するLEFTY OCHOは、太い本体部がフレームに側に装着される「倒立式」のフォーク。前作ではヘッドの上下2カ所でつなぐダブルクラウンを採用していたが、今作からはシングルクラウンにチェンジ。世界では初のシングルクラウン、シングルサイドサスペンションフォークとなった。

シングルクラウンとなった新型「LEFTY OCHO」 ©cannondale

 あらゆる性能を追求するため、内部のダンパーやエアスプリングなど、フォークすべての設計と全体の構造を見直し、従来の「LEFTY CARBON」フォークよりも250gの大幅な軽量化を果たした。

新しいデルタケージニードルベアリング ©cannondale

 設計の際、シングルクラウン化によって懸念された剛性の低下も、フォーク全体のボリュームアップによって解消され、三面の接点となった新しいデルタケージニードルベアリングを装備することで摩擦を生むシールとブッシングが少ないしなやかな新しいチャンバーダンパーを有するモデルとなった。

 新型F-Siシリーズは車体のカーボングレードやフォーク、コンポの違いで3つのモデルが展開される予定だ。発売時期は未定となっている。

F-Si Carbon 4 ©cannondale
F-Si Carbon 5 ©cannondale

■F-Si HI-MOD 1
フレーム:Hi-MOD BallisTec Carbon
フォーク:Lefty Ocho Carbon, Chamber Damper with Cable Lockout, 100mm Travel
コンポーネント:SRAM XX1 Eagle / X01 Eagle
税抜価格:750,000円
発売時期:未定
カラー:BLK
サイズ:S、M、L

■F-Si Carbon 4
フレーム:BallisTec Carbon
フォーク:Lefty Ocho, 29″, 100mm, Chamber Damper with cable lockout, OppO Spring System, tapered steerer, 55mm offset
コンポーネント:SRAM 12-speed TBA
税抜価格:340,000円
発売時期:未定
カラー:VLT
サイズ:S、M、L

■F-Si Carbon 5
フレーム:BallisTec Carbon
フォーク:RockShox Reba RL, Solo Air, 100mm Travel
コンポーネント:SRAM 12-speed TBA
税抜価格:250,000円
発売時期:未定
カラー:GRN
サイズ:S、M、L

紹介ブランドのショップナビ店舗

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

2019年モデル 20万円~30万円 30~50万円~ 50万円~ MTB競技 アルミ カーボン レース向け自転車 新製品情報

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

  • タイム
    アルプデュエズ01 ディスク

    ディスクブレーキで伝統の走りを進化

  • リブ
    AVAIL ADVANCED

    走る好奇心を止めない リブの新型‟無敵”ロードバイク

  • インプレッション一覧へ

    連載