サイクリスト

御神火ライド2018

試乗会やスピードくじも実施キャニオンが「白州の森バイクロア4」に出展 GRAILがアドベンチャーライドをサポート

  • 一覧

 ドイツ発のスポーツバイクブランドCANYON(キャニオン)が、5月26日(土)、27日(日)に山梨県北杜市で開催されるアウトドア自転車イベント「白州の森バイクロア4」に出展を行う。会場のブースで最新グラベルロードバイク「GRAIL」(グレイル)の試乗などを実施するほか、ロードバイクで参加できるアドベンチャーライド「ダーティーローディー白州」をサポートする。ライドの参加者を募集中だ。

キャニオンが白州の森バイクロア4に出展。ロードバイクで参加できるアドベンチャーライド「ダーティーローディー白州」を『グレイル』がサポートする © Canyon Bicycles

「おとなとこどものじてんしゃ運動会」

 白州の森バイクロア4は、「じてんしゃとアウトドアを愛してやまない、おとなとこどものための二日間」と銘打ち、自転車のライドやレースと、アウトドア、キャンプを、家族や仲間と共に目一杯楽しむことができるイベント。

 会場は「白州・尾白の森 名水公園べるが」で、アスファルト部分や泥んこエリアもある約2kmの周回コースで「シクロクロス」スタイルのレースが行われる。固定ギア限定レースや、サンセットレース、ミッドナイトレース、ランニングと組み合わせたデュアスロンなど、アイデアにあふれた各種レースのほか、会場を飛び出してのツーリングやワークショップも行われる。

 地元のお店を中心としたゴハンブースや、ビール、自転車やアウトドア雑貨のブースなど、走る以外のお楽しみもたっぷり。2日間、アウトドアと自転車三昧の時間を過ごすことができる。

グレイルと共に走るアドベンチャーライド

 キャニオンの最新グラベルロードバイク「グレイル」がサポートする「ダーティーローディー白州」は、白州の食材を集めるというミッションを遂行する、ロードバイクで参加できるアドベンチャーライドだ。

 南アルプス、八ヶ岳、奥秩父山塊、富士山、といった日本有数の山々に囲まれ、日本を東西に分断するフォッサマグナ上にある白州へ向かって、ダイナミックな地形と荒れた路面を走破する。また、その大地が生み出す食材を地元の農園「白州杜苑」さんから頂く。

奇抜な“二階建てハンドル”を持つ、キャニオンの最新グラベルロードバイク『グレイル』 © Canyon Bicycles

 今年はグレイルに乗ったライドリーダーと共に2日間走るスーパーハードルートが設定。バイクロア前日の25日(金)にスタートし、2日間合計で距離116km・獲得標高3661mを走る。26日(土)一日のみのショートルートは、距離52km・獲得標高1246mという、こちらも走りごたえ十分のコース。いずれもルートは地元在住の、ラファ・ジャパンの窪田博英さんが作成した。

 両ルートとも、べるが近くの白州杜苑で野菜の収穫を行う。べるがにゴールした後はバーベキューに参加でき、白州の新鮮な野菜とジビエを味わえる(バーベキューは別途参加費が必要)。

 ライドリーダーが使用するグレイルは、休憩時に試乗なども可能。バイクに関する質問も随時受け付ける。

キャニオンプレゼンツ『ダーティーローディー白州』開催概要

◇ライドの詳細と参加申込ウェブサイト
 http://bikelore.jp/hakushu4/canyon/
◇スーパーハードルート
 5月25日(金)朝9:00塩山駅出発→増富温泉→旧増冨中学校泊/74km2800mUP
 5月26日(土)ライドスタート→白州杜苑→べるが→18:00BBQ/42km1213mUP
 参加費:5,000円(ライドサポート/宿泊/農場体験/保険を含む)
 ※べるが滞在に必要な道具は事前に発送する事ができます。詳しくは参加者に別途ご連絡致します。
◇ショートルート
 5月26日(土)朝10:00韮崎駅アメリカヤビル集合→明治学校→白州杜苑→べるが→18:00BBQ/52km1246mUP
 参加費:3,000円(ライドサポート/宿泊/農場体験/保険を含む)
◇両ルートとも
 ※料金に食費,食材費は含まれません。必要分を各自でご購入ください。
 ※地元の食材を利用したBBQも別途料金が必要です。後ほどご案内致します。
 ※雨天決行/荒天中止です。
 ※車の伴走サポートはありません。緊急時は呼出対応致します。

キャニオンブースで「グレイル」を試乗可能

 会場のキャニオンブースでは、27日(日)にグレイルの試乗を実施する。試乗者の顔写真付きの、現在有効な公的身分証明書原本を持参すれば、誰でも試乗が可能だ。

 このほかにも外れなしの、グレイルのグッズが当たるスピードくじや、写真展「グレイルで走る、日本の道の可能性」が行われる。写真展はグレイルをいち早くテストした、フォトグラファーNBこと田辺信彦さんと、onyourmark MAG編集部の小俣雄風太さんが、彼らが普段走る日本の道をGRAILで走り、レビューする。

スピードくじでは、グラベルライドをもっと楽しむためのオリジナルグッズや、CANYONグッズが当たる © Canyon Bicycles
写真展では、『グレイル』をいち早くテストしたライダーが、グレイルで走る日本の道の可能性を写真とともにレビューする © Canyon Bicycles

関連記事

この記事のタグ

キャニオン 大会・イベント情報 山梨県 試乗会

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

ショップナビ

スペシャル

自転車協会バナー
御神火ライド

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載