サイクリスト

御神火ライド2018

バイクインプレッション2018イタリア国内でハンドメイドされる伝統のチタンフレーム ビクシス「パトス」

by 松尾修作 / Shusaku MATSUO
  • 一覧

 昔ながらの伝統を受け継ぎ、イタリア国内でハンドメイドされる「BIXXIS」(ビクシス)。日本のショールームからビデオ通話で直接現地とコミュニケーションを取り、オーダーできるユニークなブランドだ。ドリアーノ・デローザ氏が手掛けるチタンフレーム「パトス」を実走インプレッションした。

ビクシスのチタンバイク「パトス」 Photo: Masami SATOU
高級感漂うヘッドバッジ Photo: Masami SATOU

 フレームを製作するのはドリアーノ氏ただ一人。設計からパイプの加工、溶接まで携わっている。今回試したパトスと、クロモリフレームの「プリマ」も、税抜3万2500円の追加料金でフルサイズオーダーができるのが特徴で、東京・稲荷町にあるショールーム「ラ・メッカ」でイタリア語の通訳を交えつつ、リアルタイムでイタリアに居るドリアーノ氏と会話しながらサイズや仕様の相談が可能だ。

 フレームの形状はホリゾンタル、スローピングとオーダーの際に選択できるが今回は前者。スローピングの振りの軽さは速さでアドバンテージになるが、ホリゾンタル形状ならでは安定性も捨てがたい。何より、トラディショナルで美しい佇まいのホリゾンタルは筆者の好み。鈍い光を放つチタン素材と、細身のパイプが織りなすスタイルにテンションが上がった。

BB部のスムーズなウェルディング Photo: Masami SATOU
チェーンステーにはドリアーノ・デローザ氏のサインが入る Photo: Masami SATOU

 全体の造りはシンプルでオーソドックスだ。奇抜な装飾や加工を施しているわけではない。しかし、パイプの溶接個所を覗くと、キレイに跡が仕上げられている。加工が難しいチタンだけに、職人が持つ技術の高さを見て取れる。ヘッドバッジはステッカーやペイントではなく、文字通りバッジが備えられているのはハンドメイドフレームならではであろうか。

ベース性能が優れており、中速域のサイクリングから、レースまで対応する懐の深さが魅力 Photo: Masami SATOU

 試乗するとスーッと進むフィーリングに病みつきになった。フレームの精度が高いため、出したスピードが落ちづらい印象がある。安定性が非常に高く、路面に見えないレールが敷かれているかのように進み、曲がる。前後のホイールに体重が均等に乗り、体がバイクの重心にあるイメージを持ちやすい。よって、コントロールもしやすいのだろう。挙動も掴みやすく、限界域もよくわかるため怖くない。

安定性が優れており、安心して攻められる Photo: Masami SATOU

 バイクの剛性自体は現代のカーボンバイクと比較すると高いとは言えない。しかし、よく進み、曲がる。レースに使用しても全く問題はないだろう。どちらかと言えばクリテリウムより、長い距離を走るロードレースで試してみたいと思った。どちらが性能が高いかと言ったら間違いなくカーボンだろう。だが、チタンが持つ独特な振動吸収性、バネ感はカーボンには真似できない。

 パトスのフルサイズオーダー費込みの価格は税抜63万2500円。納車はオーダー決定から約2カ月ほどだという。今回は既存のサイズで試乗を行ったが、ぜひ自分の体に合わせてオーダーしたバイクで試してみたいと思った。間違いなく長い時間、サイクリングライフを共にできる1台になるだろう。

ビクシス「パトス」
税抜価格:600,000円(フルサイズオーダーは別途税抜32,500円)
納期:約2カ月(変動あり)
チューブ:Reynolds製Ti3Al2.5Vチタン
フレーム重量:1250~1350g
サイズ:トップチューブ長520mm-595mmまで全15サイズ(スタンダード)

紹介ブランドのショップナビ店舗

関連記事

この記事のタグ

50万円以上のロードバイク

50万円~ バイクインプレッション ビクシス ロードバイク

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

ショップナビ

スペシャル

自転車協会バナー
CyclistポケットTシャツ

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載