サイクリスト

御神火ライド2018
title banner

栗村修の“輪”生相談<127>60代男性「通勤ライド後の疲労感が取れず、オーバーワークでしょうか」

  • 一覧

 
 栗村様大変お世話になります。私は現在61歳、去年の9月からクロスバイクにはまり、飽き足らず今年の正月から、とうとうロードバイクに乗り始めました。

 そこでご相談させてください。朝晩通勤でロードバイクで片道12.5kmを走っています。フロントギア50・リア18〜20・ケイデンス80〜90・脈拍135前後です。しかし特に朝出勤後疲労感が取れません。

 ロードに跨いでしまえば普通に走れてしまうんですが…。ストレッチやら体幹トレーニング等々取り組んでいるのですが、疲労感だけは残ります。ちなみにこれといった持病はありません。

 年齢的にオーバーワークでしょうか、それとも成長過程でしょうか。ご教授をお願いします。

 追伸…身長/体重は168センチ68キロです。

(61歳男性)

 僕も今年で47歳になりますから、年齢からくる疲労はよく理解できます。とはいえ、まだ47歳。緊張しつつ、人生の先輩のご質問にお答えしようと思います。

 ご質問を拝見する限り、真面目な方なのだと拝察します。ギア比にケイデンスなど、数字が頻出しますし、通勤距離に至っては「片道12.5km」と、コンマ以下まで記してありますね。

 真面目なことはもちろん素晴らしいのですが、真面目な方ほど陥りやすい罠が、ご質問にもあるオーバーワークです。決めたことをやり遂げようとする結果、「疲れてるよ」という体からの信号を見て見ぬふりしてしまうんですね。

 さて、では質問者さんはオーバーワークなのでしょうか? それとも別のところに原因があるのでしょうか。出勤後に疲労感がとれない、という部分を見ると、ある種のオーバーワークのように思えます。通勤ライドが気分転換以上の負担をかけているのでしょう。

 しかし重要なのは、その次の「ロードに跨いでしまえば普通に走れてしまう」という部分です。プロ選手がしばしば陥るオーバーワークのことを、過剰なトレーニングという意味でオーバートレーニングと呼びますが、オーバートレーニングはいつものパフォーマンスが発揮できなくなるのが特徴です。だから、疲れは感じるけれど走れてしまう質問者さんは、オーバートレーニングではないと思われます。

 では質問者さんの症状はなにか、ということになりますが、ズバリ運動後の普通の疲労ではないでしょうか。片道12.5㎞という短めの距離でも、追い込めばかなりの負担になります。135という心拍数も、年齢が上がるほど最大心拍数が落ちることを考えると、のんびり走る「LSD」よりも上の強度だと思われます。要するに、質問者さんの通勤ライドは、ご自身にとってはけっこうな肉体的負担をもたらしている気がします。

誰だって頑張れば疲れるもの Photo: Yuzuru SUNADA

 そして、負荷をかければ、当然疲れます。当たり前のことを言うようですが、スポーツによる疲労は日常生活の疲労とはちょっと違いますので、昨年からスポーツバイクに乗りはじめた質問者さんは、スポーツによる疲労に慣れていない可能性があるのではないでしょうか。気分が悪くなるなど深刻な症状がでたり、疲労が何日も続くようならばお医者さんにかかったほうがいいと思いますが、たぶん、ただの運動後の疲労感だと思います。普段から鍛えている選手だって、仮に12.5kmの個人タイムトライアルをガシガシ走った直後にデスクワークは、なかなか辛いと思いますよ。練習後の回復モード時には、頭がぼうっとするものですしね。

 ちなみに運動後にダルくなる(眠くなる)のにはちゃんとした理由があります。一般的には自律神経と成長ホルモンの作用による問題だと考えられています。簡単に言えば、運動モードから回復モードに切り替わることにより、本能的に身体の動きを抑えるための眠気が生じるわけです。

 ロードバイクに慣れれば疲労感にも慣れる可能性はあると思いますが、今すぐ改善するためには、朝の通勤ライドの強度を下げる必要があります。心拍数を目安に運動強度を下げてみてください。逆に帰り道はある程度強度を上げて走っても良いと思いますよ。あとは、コーヒーなどでカフェインをとってシャキッとする手もあるでしょう。また、エネルギー補給や回復のために甘いスポーツ飲料などを摂り過ぎると、逆に眠気が増してしまうのでご注意ください。

(編集 佐藤喬)

回答者 栗村修(くりむら おさむ)

 一般財団法人日本自転車普及協会 主幹調査役、ツアー・オブ・ジャパン 大会ディレクター、スポーツ専門TV局 J SPORTS サイクルロードレース解説者。選手時代はポーランドのチームと契約するなど国内外で活躍。引退後はTV解説者として、ユニークな語り口でサイクルロードレースの魅力を多くの人に伝え続けている。著書に『栗村修のかなり本気のロードバイクトレーニング』『栗村修の100倍楽しむ! サイクルロードレース観戦術』(いずれも洋泉社)など。

※栗村さんにあなたの自転車に関する悩みを相談してみませんか?
 ml.sd-cyclist-info@sankei.co.jpまで、タイトルを「輪生相談質問」としてお寄せください。

関連記事

この記事のタグ

栗村修の“輪”生相談

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

ショップナビ

スペシャル

自転車協会バナー
御神火ライド

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載