FISE モンペリエ大会大池水杜がW杯女子予選を1位通過 BMXフリースタイル パーク

  • 一覧

 フランス・モンペリエにて開催中のアーバンスポーツの世界大会「FISE World Series2018 Montpellier」(UCI・BMXフリースタイルワールドカップ 第2戦)で5月9日(日本時間10日未明)BMXフリースタイル パーク女子の予選が行われ、日本から参戦中の女性BMXライダー大池水杜(おおいけみなと)が堂々の1位で突破した。(レポート・NAOKI GAMAN)

過去最高レベル31人が参加

大池選手、FISEのモンペリエ会場を前に。 Photo : Toshio Takagi

 女子クラスでは過去最高とも言われている31人というエントリー数。皆、各国のトッププロだ。その中で水杜は持ち前のスムースなライディングを披露し、終盤に「バックフリップ」(後方1回転ジャンプ)という大技や、滞空時間、高さ、形など、完成度が高く世界的にも評価の高い「ノーハンド」(空中で両手を離す技)などの得意技もきっちり決めた。

FISEの広島会場での大池選手。今回のモンペリエ、決勝にも期待がかかる。Photo : Naoki Gaman

 大池は「1位で突破できたことはとても驚きました。今回はパークとの相性もよく、楽しんだライディングができました。明日はオフなのでしっかり休み、決勝に挑みます」と語った。

 4月上旬に行われた第1戦、日本初開催の広島大会では、予選を4位で通過したものの、決勝は8位と順位を落としてしまい悔しい思いをしたという大池。FISEの本拠地フランスで、笑顔のリベンジを果たしてくれることを願わずにはいられない。

「FISE World Series2018 Montpellier」(UCI BMXフリースタイルワールドカップ 第2戦)女子予選結果
1位:大池水杜(日本) 82.5ポイント
2位:ハンナ・ロバーツ(アメリカ) 77.6ポイント
3位:ニキータ・ドゥカロス(スイス) 74.7ポイント
4位:テレサ・ミランダ(スペイン) 70.2 ptsポイント
5位:ペリス・ベネガス(アメリカ) 69.4ポイント

 男子オープンクラスへの日本からの参加は中村輪夢、髙木聖雄、大霜優馬の3名。10日は男子予選、11日は女子決勝と、これから見どころが続くFISEモンペリエ。公式サイトでのLIVE配信も予定されているので、ぜひ、日本からの声援を届けていただきたい。

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

BMXフリースタイル・パーク

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

  • タイム
    アルプデュエズ01 ディスク

    ディスクブレーキで伝統の走りを進化

  • リブ
    AVAIL ADVANCED

    走る好奇心を止めない リブの新型‟無敵”ロードバイク

  • インプレッション一覧へ

    連載