出場枠1800人超は日本最大級自衛隊の滑走路を駆け抜ける「木更津トライアスロン大会」が8月26日に開催

  • 一覧

 陸上自衛隊木更津駐屯地(千葉県木更津市)を走る「木更津トライアスロン大会」が8月26日(日)に開催される。普段立ち入ることのできない陸上自衛隊の駐屯地が会場となっており、飛行機の滑走路もコースとなる。国内では滑走路を走る唯一のトライアスロン大会となる。

国内唯一、滑走路を走る木更津トライアスロン大会 ©木更津トライアスロン大会

 会場は陸上自衛隊最大のヘリコプター基地で知られている。コースとなる滑走路は、広大かつフラットで競技者の走りやすさはもちろん、応援する人も選手を探しやすい。競技では、長めの制限時間やスイムスキップ、家族や知人と一緒にゴールができるなど、初心者に優しいルールを用意。昨年は95.7%という高い完走率を誇っている。また、トライアスリートのドクターがコースを走行しているため、落車など万が一の時も安心だ。

家族と一緒にゴールできる点も魅力の一つだ ©木更津トライアスロン大会

 募集人数は個人の部が合計で1800人に加え、リレーが50組でオリンピックディスタンス(スイム1.5km/バイク40km/ラン10kmの計51.5km)としては日本最大のトライアスロン大会となる。

 エントリーに際し、ふるさと納税で大会参加費が1万円割引になる珍しい取り組みも特徴的だ。今年は、昨年に出た参加者の意見を反映し、新たにU-18(平成12年4月2日から平成15年4月1日生まれが対象)カテゴリーを新設したほか、引き続き都内で事前受付を実施する。

2018木更津トライアスロン大会

■日時:2018年8月26日(日)
■開催地:千葉県木更津市 陸上自衛隊木更津駐屯地
■エントリー開始
・先行エントリー/5月1日(火)
(先行エントリー対象枠:ふるさと納税枠50名、さきトラオリジナルウェア特典80名)
・一般エントリー/5月7日(月)
■エントリー終了
・ふるさと納税エントリー 6月30日(土)
・一般エントリー 2018年7月下旬
※いずれも定員に達し次第締切
■募集人数
・オリンピックディスタンス一般:1500人
ふるさと納税枠:40人
・スプリントディスタンス一般:300人
U-18:内50人程度
ふるさと納税枠:10人
・リレー(オリンピックディスタンス):50組
■参加料:
・オリンピックディスタンス一般:22,000円
JTU登録者:20,000円
・スプリントディスタンス一般:18,000円
JTU登録者:16,000円
U-18:12,000円
・リレー(オリンピックディスタンス):30,000円

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

トライアスロン大会

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載