【Teamユキヤ通信】エッシュボルン・フランクフルトドイツのワールドツアーで新城幸也が逃げ レースを作りながら55位で完走

by 飯島美和 / Miwa IIJIMA
  • 一覧

 バーレーン・メリダの新城幸也が5月1日、ドイツで開催されたUCIワールドツアーのワンデーレース「エッシュボルン・フランクフルト」に出場し、レース前半から逃げ集団でレースを展開しながら55位で完走した。

7人での逃げ集団を積極的に引く新城幸也 Photo: Miwa IIJIMA/Cor Vos

 エッシュボルン・フランクフルトは、初開催は1962年とドイツで最も歴史があるレースで、その名の通りエッシュボルンをスタートし、フランクフルトにゴールする。57回目となる今年はUCIワールドツアーに昇格したことから、例年よりも上りを増やし、獲得標高3500mに達する212.5kmコースが設定された。出走147人で完走者が71人というサバイバルレースとなった。

 新城は次のようにレースを振り返った。

 「久しぶりにチームから逃げていいとの指示があり、調子も良かったので、初めて走るレースだったが、気合い充分でスタートした。当日は風が強く、序盤は街中でコーナー多く、なかなか決定的な逃げ決まらなかった。30分くらい走ったところで前に5人が飛び出して、集団も緩みぎみだったので独りで追走して追いつき、さらに後ろから1人追いついてきて7人の逃げが決まった」

体調も良く、楽しく走れたという新城幸也 Photo Miwa IIJIMA/Cor Vos

 新城が逃げでレースを作り、チームはこの日エースを任されていたグレガ・ボーレ(スロベニア)が、トップとタイム差なしの6位に入った。新城は先頭から1分44秒差の55位でゴールし、UCIポイントを獲得した。

 「例年ゴールはスプリント勝負になることが多いレースなので、終盤まで逃げ続けられるかと思いきや、中盤でタイム差がなくなり、追走の選手が追いついて来て、自分たちの先頭グループには都合の悪い展開になってしまった。逃げグループが吸収されかかってからは、できるだけ先頭に残れるように走ったが、さらに追走でスプリントのエースのグレガ・ボーレが追いついて来たこともあり、アシストとして仕事をする状況になった。もし、最後の山岳賞の上りまでアシストしながら越えられていたら、エースのためにもうひと仕事できて、チームにとっても良い展開になったと思うが、ここまで逃げてきて、力が残ってなかった。メイン集団で最後の10kmの周回に帰ってきたが、前に残る脚もなく、グルペットでゴールした」

 「クロアチアからの疲れも抜けて調子は上々だったので、結果を残したかったが、また次の機会に。このレースは日本でも生放送があったので、たくさんのファンの皆さんに元気に走っている姿を見ていただけたことはとても嬉しかったです!!」

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

新城幸也

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

  • タイム
    アルプデュエズ01 ディスク

    ディスクブレーキで伝統の走りを進化

  • リブ
    AVAIL ADVANCED

    走る好奇心を止めない リブの新型‟無敵”ロードバイク

  • インプレッション一覧へ

    連載