スマホアプリで貸し出し・返却滋賀・大津で大規模レンタル自転車開始 ofoが66カ所駐輪場と、約400台用意

  • 一覧

 滋賀県大津市中心部で、国内最大級のレンタルサイクル事業が4月27日始まった。自転車の貸し出し、返却ができる66カ所の駐輪場と、約400台の自転車を用意。ゴールデンウイークの観光を下支えする。

滋賀県大津市南部ではじまった、400台の自転車を借り、66カ所で乗り捨てできるレンタルサイクル事業の試乗会=滋賀県大津市南部(撮影・杉森尚貴)

 事業を展開するのは、レンタル自転車世界大手の中国企業「ofo(オフォ)」の日本法人。オフォは21カ国で1000万台のレンタル自転車を稼働させている。日本では、和歌山市と北九州市についで3カ所目という。

 レンタル利用にはスマートフォンの専用アプリのダウンロードが必要。30分ごとに100円▽1日500円▽月2500円―の3種類のサービスを利用できる。

 4月26日は自転車の試乗会も行われた。越直美市長は「気軽にまちなかを周遊してほしい」と話した。

産経新聞・滋賀版より)

関連記事

この記事のタグ

レンタサイクル/バイクシェアリング 滋賀県

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

ショップナビ

スペシャル

自転車協会バナー
CyclistポケットTシャツ

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載