申し込み締め切りは6月27日新種目追加の「第28回シマノ・バイカーズフェスティバル」7月28、29日開催 マルシェも登場

  • 一覧

 長野県諏訪郡富士見町にある富士見パノラマリゾートをメイン会場とする「シマノ・バイカーズフェスティバル」が、シマノの主催で今年も開催される。7月28日(土)、29日(日)の2日間で行われるこのイベントは、オフロードバイクを中心としたレースやツーリングで長野県の豊かな自然を堪能し、協賛ブースで最新機材にも触れることができる。各種目の申し込み締め切りは6月27日。

新種目やイベントが追加され、パワーアップした「シマノ・バイカーズフェスティバル」 ©SHIMANO BIKER'S FESTIVAL 

家族も楽しめる「アルパカ牧場」

 今年で28回目となるシマノ・バイカーズフェスティバルでは、これまで3本柱としていたレース、ツーリング、試乗会をブラッシュアップ。新種目や注目のeMTBを使ったガイドツアーにも注目だ。さらに、地元・八ヶ岳のグルメが楽しめる「バイカーズマルシェ」が、今年からスタート。諏訪エリアのパンをはじめ、高原野菜やベーコンなどの販売のほか、八ヶ岳アルパカ牧場からはアルパカが来場する。レースに出る人はもちろん、いっしょに来た家族も楽しめるというのが、このイベントの特徴だ。

八ヶ岳アルパカ牧場からはアルパカが来場 ©SHIMANO BIKER'S FESTIVAL
かわいいアルパカとふれ合おう ©SHIMANO BIKER'S FESTIVAL

新種目は勝ち抜き形式のXCエリミネーター

 豊富なレース種目で知られるシマノバイカーズだが、今年から新たに「XCエリミネーター」が追加された。この種目は、5~6人が横並びでスタートし、上位選手が次戦に進むという勝ち抜き形式の短距離レース。第1ヒート、敗者復活戦、第2ヒートの順で行われ、勝ち残った6人で決勝戦を行う。距離が短く、スピーディーなレース展開を楽しめることから、世界選手権やワールドカップでも話題となっている。

XCエリミネーターが新種目として追加される ©SHIMANO BIKER'S FESTIVAL 

 さらに、大会史上、もっとも過酷と言われる「富士見キングオブマウンテン」がリニューアル。今年は1台のMTBバイクを使用したポイント制のステージレースとして実施される。この種目はDHエンデューロ、ヒルクライム、ショートXC、2時間エンデュランスの4ステージの合計ポイントを競い、最多獲得選手を決定。各ステージ終了時点のトップ選手にはリーダージャージが与えられ、次のステージで着用することができる。

「富士見キングオブマウンテン」はステージ型レースになる。第1ステージはDHエンデューロになる ©SHIMANO BIKER'S FESTIVAL
「富士見キングオブマウンテン」の第2ステージはヒルクライム ©SHIMANO BIKER'S FESTIVAL

 このほか、60分XCマラソンや2時間エンデュランスなどのクロスカントリー種目、DHやDHエンデューロなどのダウンヒル種目、MTBヒルクライムなどのヒルクライム種目を実施。個人はもちろん、家族や仲間といっしょに楽しめるチーム種目も盛りだくさんだ。

グルメサンド付きガイドツアーがパワーアップ

昨年好評だった「富士見電動アシストスポーツガイドツアー」。今年はグルメサンド付きだ ©SHIMANO BIKER'S FESTIVAL 

 ツーリング種目では、昨年加わった「富士見電動アシストスポーツガイドツアー」がリニューアル。主催者側が用意した電動アシストスポーツ車で、富士見町の景観をのんびり味わうガイドツアーとして、2日間で合計5回行われる。平坦基調のコースで、スポーツバイク初級者にもお薦め。ゴール後に、地元食材を使用した特製グルメサンドが用意されている。なお、一部の種目では話題の「eMTB」に乗ったガイドスタッフが伴走。注目モデルを間近で見れるチャンスとなっている。

 さらに、人気種目「富士見町西山トレジャーハントツーリング」が、「バイカーズロゲイン富士見ライド」としてリニューアルした。ロゲイニングとは、制限時間内に地図をもとにチェックポイントを回り得点を競うスポーツ。2~5人でチームを組み、のどかな西山エリアの風景を楽しみながら宝探し感覚で遊べる種目となっている。

「バイカーズロゲイン富士見ライド」は2~5人のチームで挑戦 ©SHIMANO BIKER'S FESTIVAL 
レーダーチャートで各種目の難易度をわかりやすく表示 ©SHIMANO BIKER'S FESTIVAL

 なお、シマノバイカーズの公式ウェブサイトでは、豊富なツーリング種目のエントリーをアシストするチェック&レーダーチャートを公開中。簡単な質問に回答し、自分に合った種目が探せるほか、レーダーチャートで難易度を確認することができる。

一部のツーリングではガイドスタッフが「e-MTB」で伴走 ©SHIMANO BIKER'S FESTIVAL 

 このほか、会場では最新モデルや話題のアイテムが集まるPRブースの出店、豪華景品が当たる大抽選会、e-MTB専用の試乗コースを使用した試乗会を実施。テクニックやコース攻略が学べるMTBスクールなども開催される。エントリーは6月27日(水)まで。二次募集はなく、各種目定員となり次第、終了となる。


■第28回シマノ・バイカーズフェスティバル

■開催日:2018年7月28日(土)、29日(日)
■会場:富士見パノラマリゾート
(長野県諏訪郡富士見町富士見6666-703番地)
■募集期間:6月27日(水)まで
■エントリー:https://www.sportsentry.ne.jp/event/t/74715(スポーツエントリーから)

関連記事

この記事のタグ

イベント シマノ 大会・イベント情報

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

ショップナビ

スペシャル

自転車協会バナー
CyclistポケットTシャツ

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載