東海地方のシリーズ戦ロードレースマトリックス対キナンのゴール争いでフェルナンデスが優勝 キナンAACAカップ第4戦

  • 一覧

 キナンサイクリングチームがホストを務める東海地区のロードレースシリーズ「KINAN AACA CUP」(キナンAACAカップ)の2018年シーズン第4戦が4月21日、岐阜県の国営木曽三川公園長良川サービスセンター内特設コースにて行われた。トップカテゴリーの1-1クラスは102kmで争われ、国内プロチームが上位を独占し、最後はアイラン・フェルナンデス(マトリックスパワータグ)が地力を発揮して優勝した。

キナンAACAカップ第4戦はマトリックスパワータグのアイラン・フェルナンデスが小集団のゴールスプリントを制して優勝 Photo: KINAN Cycling Team / Midori SHIMIZU

終盤に先頭集団が形成

 3月31日の第3戦では新城雄大が上りスプリントを制し優勝。中西健児が2位に続き、ワン・ツーフィニッシュを飾った。その良い流れを今節も継ぎたいキナンサイクリングチームは1-1カテゴリーに新城、中西のほか、山本元喜、塚本一樹、雨乞竜己、中島康晴の6選手が出走した。

第1種目として行われた個人タイムトライアルは、オープン参加の山本元喜が1番時計をマーク Photo: KINAN Cycling Team / Midori SHIMIZU

 今回は国内プロチームから、マトリックスパワータグ、インタープロ・ストラダリ サイクリングも参戦。UCIレースさながらのハイレベルなレースが期待された。

 そうして迎えたレースは、序盤から落ち着かない展開。アタックの応酬となり、出入りが激しくなる。毎周回のように仕掛ける選手が現れるが、いずれも決定打にはならない。また、一時は6人が抜け出す場面もあったが、ここは佐野淳哉(マトリックスパワータグ)がブリッジを試みたことで、他選手も次々と追随。結局逃げグループの形勢には至らない。

1-1カテゴリー序盤。数人が抜け出しては集団が追いつく状況が繰り返された Photo: KINAN Cycling Team / Midori SHIMIZU
シケインをクリアするプロトン Photo: KINAN Cycling Team / Midori SHIMIZU
中盤までは逃げが決まらないままレースが進行した Photo: KINAN Cycling Team / Midori SHIMIZU

 均衡が破られたのは、残り10周回を迎えたタイミング。間瀬勇毅(マトリックスパワータグ)、水野恭兵(インタープロ・ストラダリ サイクリング)、そしてキナンからは中島。この3人が集団からの抜け出しに成功し、逃げの態勢に入る。さらにフェルナンデスと佐野のマトリックス勢、中西と新城のキナン勢による4人の追走グループも形成される。

残り10周回で逃げグループを決めた(前から)間瀬勇毅、中島康晴、水野恭兵の3選手 Photo: KINAN Cycling Team / Midori SHIMIZU
マトリックス勢とキナン勢が追走グループを形成 Photo: KINAN Cycling Team / Midori SHIMIZU

 快調に飛ばす逃げの3人は、追走グループに対し最大で45秒のリード。その形勢に変化はないまま終盤へと移り、やがて最終周回に突入した。

最終周回で追走4人が逃げる3人に合流。7選手で最終局面を迎えた Photo: KINAN Cycling Team / Midori SHIMIZU

 先頭3選手の逃げ切り濃厚かと思われたが、勝負がかかる局面とあり牽制状態となる。かたや、追走の4人は前に合流するべく猛追を開始。一気の追い上げで先頭3人に合流を果たした。

 7人に膨らんだ優勝争い。最後はマトリックス勢とキナン勢によるスプリントとなり、加速の違いを見せたフェルナンデスがトップでフィニッシュラインを通過。優勝を決めた。2位には中島、3位には間瀬と続いた。

FRESH!「サイクリングチャンネル」で映像配信

 1-1カテゴリーのレースの模様はインターネットストリーミングプラットフォーム・FRESH!の「サイクリングチャンネル」で、映像のアーカイブを配信中だ。ログインや個人情報の登録が不要で、パソコン・スマートフォンどちらでも無料で見ることができる。

KINAN AACA CUP 2018 第4戦1-1クラス(102km、5.1km×20周回)結果
1 アイラン・フェルナンデス(マトリックスパワータグ)
2 中島康晴(キナンサイクリングチーム)
3 間瀬勇毅(マトリックスパワータグ)
4 新城雄大(キナンサイクリングチーム)
5 中西健児(キナンサイクリングチーム)

KINAN AACA CUP 2018 ポイントランキング(第4戦終了時)
1 新城雄大(キナンサイクリングチーム) 576pts
2 アイラン・フェルナンデス(マトリックスパワータグ) 512pts
2 津田悠義(EQADS) 512pts
2 雨乞竜己(キナンサイクリングチーム) 512pts
2 中島康晴(キナンサイクリングチーム) 512pts

ローテーションをテーマにスキルアップ講座

 また、キナンサイクリングチームの選手たちが講師を務める恒例の「レーススキルアップ講座」は今回、集団走行時のローテーションをテーマに実施。中島と、今回はレース出場のなかった椿大志がメインとなり、先頭交代の効率的な方法を参加者に向けて説いた。そのほか、選手たちと一緒にレースコースを走行する「キッズラン」も行われ、ちびっ子ライダーたちの力走に会場は和やかなムードに包まれた。

ローテーションをテーマに行ったレーススキルアップ講座。椿大志(左)と中島康晴が中心となって進行した Photo: KINAN Cycling Team / Midori SHIMIZU
スタートを待つちびっ子ライダーたち Photo: KINAN Cycling Team / Midori SHIMIZU

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

AACAカップ キナンサイクリングチーム

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載