赤レンガ倉庫近く「マリン&ウォークヨコハマ」GW限定「ラファ横浜」がベイエリアにオープン 期間中ライドイベントも実施

  • 一覧
ⒸRAPHA JAPAN

 高品質で美しいサイクルウエアを手掛ける英国ロンドン発のウェアブランド「Rapha」(ラファ)が、神奈川県横浜市に期間限定店舗「ラファ横浜」をオープンする。期間は4月28日から5月6日の9日間。ラファの直営店としては初の神奈川出店となる。

横浜ベイエリアに誕生

 赤レンガ倉庫や山下公園など、観光名所が多いことで知られる横浜ベイエリア。今回ラファ横浜がオープンするのは、赤レンガ倉庫の目の前にあるオープンモール「マリン&ウォークヨコハマ」内のカフェ「NTL Yokohama Bay Cafe」だ。

 駅からも近いため、東京都内からのアクセスも容易。また、マリン&ウォークヨコハマの駐車場を利用することもできるので、関東近郊からもクルマで気軽に訪れることができるという。

 店舗では、最新のラファウェアやアクセサリーを展示・販売。気になるアイテムを実際に手に取り、試着ができる。オンラインストアにはない魅力が詰まった店舗となっている。

横浜周辺を満喫するライドイベント

 ラファ横浜では、期間中にさまざまなライドイベントが開催される。オープン翌日の4月29日(日)は、東京・千駄ヶ谷の直営店「ラファ東京」から、ラファ横浜を目指すシティライド。幹線道路を避けた裏道を中心に走る約50kmの初級~中級向けライドだ。ラファの直営店を結ぶこのライドは、5月5日(土)にも実施。今度はラファ横浜からラファ東京を目指す約50kmのライドが予定されている。

 4月30日(月)、5月1日(火)には、横浜の夜景スポットを巡るナイトシティライドを実施。短い坂道があるものの、比較的緩やかな約20kmのコースを走る初級者にもお薦めのライドとなっている。

 ゴールデンウィーク後半の5月3日(木)には、中州地帯に広がる横浜の下町を巡るヒストリカルシティライドを実施。日の出町、寿町、中華街の歴史ある街並みはもちろん、最新スポットにも立ち寄る約20kmのライドだ。

 5月4日(金)には、期間中に行われるライドイベントの中でもっとも距離が長いライドin三浦半島を実施。逗子駅を出発し三浦半島のアップダウンと景観を堪能、ランチに立ち寄りラファ横浜へゴールする約100kmのコースとなっている。

※4月29日、5月4日のイベントは定員のため、締め切り(4月21日現在)

 いずれのライドイベントも、参加費は無料。ラファのウェアを持っていなくても参加することができる。ラファ横浜のページから事前申し込みの上、参加しよう。

■Rapha YOKOHAMA/ラファ横浜

住所:〒231-0011 神奈川県横浜市中区新港1丁目3番1号
 マリン&ウォークヨコハマB202 NTL Yokohama Bay Cafe内
TEL:045-264-8920 (4月28日より開通)
営業時間:11:00~20:00(6日最終日のみ 11:00 – 18:00)

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

ショップナビ

スペシャル

自転車協会バナー
CyclistポケットTシャツ

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載