東京から一番近い“サイクリングアイランド”「伊豆大島 御神火ライド2018」エントリー開始  9月8日(土)開催

  • 一覧
「伊豆大島 御神火ライド2018」が9月8日(土)に開催 ©gojinkaride

 東京から一番近い“サイクリングアイランド”、伊豆大島を一周するイベント「伊豆大島 御神火(ごじんか)ライド2018」が9月8日(土)に開催される。島一周を満喫できる「大島ぐるっと一周コース」と、島一周にヒルクライムを組み合わせた73kmの「御神火チャレンジコース」の2コースを用意。『Cyclist』が企画・運営に携わるサイクリングイベントで、栗村修さんや自転車情報番組で“坂バカ俳優”としておなじみの猪野学さんほか、大宅陽子さん、牧野ステテコさんといった豪華ゲストが登場。大会後に開催される後夜祭では、栗村さんらゲスト陣に質問できる「生“輪”生相談」などのトークショーが催される。

サイクリング以外の楽しみも盛りだくさん

 火山島である伊豆大島には適度にアップダウンがあり、走り応えは充分。伊豆大島で“御神火”として敬われてきた三原山や地層の断面、海岸線などの自然が生み出す風景も見どころだ。

砂岩層と玄武岩質安山岩の互層。地元では「バームクーヘン」と呼ばれているそう ©gojinkaride
伊豆大島をマグマのように駆け巡る! ©gojinkaride

 道路がきれいに整備されていて信号が少ないなど走りやすさも魅力で、2016年には全日本選手権ロードレースの舞台にもなっている。御神火チャレンジコースに登場する約6kmで平均勾配9%という「御神火スカイライン」を駆け上がると、まるでご褒美のように展望台から三原山の絶景を堪能できる。

名勝負の舞台となった名残がブルーラインとなって残る ©gojinkaride
「御神火」の愛称で崇め、親しまれている三原山 ©gojinkaride
大島の「あんこさん」に囲まれる栗村さん ©gojinkaride

 サイクリング以外の楽しみも盛りだくさんで、エイドステーションでは伊豆大島の名産・名物グルメを楽しめる。ゲスト陣はコースを走りながら参加者たちへ声援を送るほか、後夜祭にも出演する。東京から120kmという伊豆大島へ渡る船旅も、伊豆大島御神火ライドの楽しみの一つだ。

「伊豆大島御神火ライド2018」大会概要

開催場所:東京都 伊豆大島全域
開催日程:2018年9月8日(土) ※9月8日(土)に後夜祭
コース(定員):御神火チャレンジコース 73km(300人)、大島ぐるっと一周コース 46km(200人)

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

伊豆大島御神火ライド2018 大会・イベント情報

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載